慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧

アイテム一覧

/ Public / 文学部 / 藝文研究 / 102 (201206)   
並び順 : 表示件数:

1 - 20 of 24 Items

PREV  1   2   NEXT
icon_article 表紙


藝文研究. 102, ( 2012 . 6 )
icon_article 目次


藝文研究. 102, ( 2012 . 6 )
icon_article 僧伝と僧讃 : 本邦故事の流入の端緒として
Biographies and panegyrics on Buddhist monks : considered as a source of Japanese folklore

山崎, 明
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 1 - 20
icon_article 百年、畢竟、これ行旅 : 桐生の詩人・佐羽淡斎の「総宜楼」詩碑をめぐって
Life is but a journey toward illusions and dreams : some considerations about SOUGIRO, the Chinese poem written by Tansai Saba, a literary patron and poet born at Kiryu in late Edo period

新谷, 雅樹
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 21 - 41
icon_article 彙報
Miscellany

藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 42(265) - 81(226)
icon_article 危機において発揮される文学の底力
The latent power of literature in crises

牛場, 暁夫
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 82(225) - 87(220)
icon_article 文学の危機 : 文学から原発を考える
Literature in a crisis : looking at nuclear power generation through literature

川村, 晃生
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 88(219) - 106(201)
icon_article 文学は危機を迎えているか?
Is literature in a crisis?


藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 107(200) - 108(199)
icon_article 現代和語表記の特質 : 歴史的アプローチ
A historical approach to the characteristics of the present-day notation of native Japanese words

片山, 久留美
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 109(198) - 131(176)
icon_article 会話の中で「あれ」の役割を考える
On the function of "ARE" in everyday Japanese conversation

畑山, 玲恵子
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 132(175) - 148(159)
icon_article "累了"との比較からみる"累着了"の表現機能
A functional account of "leizhaole" by comparison with "leile"

李, 菲
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 149(158) - 164(143)
icon_article 日本語の「オーバーラップした語り」について : 話法の比較詩学
"Overlapped narration" in Japanese narrative : comparative poetics of narrative mode

橋本, 陽介
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 165(142) - 181(126)
icon_article ポンテュス・ド・ティヤール(1521-1605)とミシェル・エイケム・ド・モンテーニュ(1533-1592)における知識の捉え方の違い
Le traitement des connaissances : les cas de Pontus de Tyard (1521-1605) et de Michel Eyquem de Montaigne (1533-1592)

小池, 美穂
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 182(125) - 198(109)
icon_article 「民間語源」と「学者語源」と「ことば遊び」
"Etymologie populaire", "étymologie savante" et "jeu de mots"

川口, 順二
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 199(108) - 216(91)
icon_article Heldendämon : Zu Goethes Eposfragment "Achilleis"
英雄のデーモン : ゲーテの叙事詩断片『アキレウス』について

橘, 宏亮
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 217(90) - 235(72)
icon_article Spüren der Spur : Zur Wahrnehmung des nicht-tanzenden Körpers
痕跡を感じ入る : 踊らない身体の知覚について

平田, 栄一朗
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 236(71) - 257(50)
icon_article The polysemy and context of derivational expressions: modifiers of lexicalized and non-lexicalized -er nouns
派生表現の多義と文脈 : 語彙化された -er 名詞とされていない -er 名詞の修飾語

濵田, 啓志
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 258(49) - 274(33)
icon_article "Skully's landing" as a closet : Truman Capote's Other voices, other rooms
クローゼットとしてのスカリイズ・ランディング : トルーマン・カポーティの『遠い声、遠い部屋』

遠藤, 容代
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 275(32) - 286(21)
icon_article The complex personality of Chaucer's reeve and the problems of subjectivity represented in his Tale
チョーサーの家扶の人物描写と「家扶の話」における主体性の問題

工藤, 義信
藝文研究. 102, ( 2012 . 6 ) ,p. 287(20) - 306(1)
icon_article Contents


藝文研究. 102, ( 2012 . 6 )
PREV  1   2   NEXT

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (639) 1st
2位 ネットワークにつ... (537)
3位 アイドル文化にお... (501)
4位 組織市民行動が成... (464)
5位 もしも世界がみん... (359)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1083) 1st
2位 Instagram解析に... (446)
3位 家族主義と個人主... (415)
4位 インフルエンサー... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (392)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース