慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-20210002-0031  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-20210002-0031.pdf
Type :application/pdf Download
Size :126.6 KB
Last updated :Nov 30, 2023
Downloads : 31

Total downloads since Nov 30, 2023 : 31
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 伸張性収縮を強調した自体重トレーニングがサルコペニア患者の健康改善に与える影響  
カナ シンチョウセイ シュウシュク オ キョウチョウシタ ジタイジュウ トレーニング ガ サルコペニア カンジャ ノ ケンコウ カイゼン ニ アタエル エイキョウ  
ローマ字 Shinchōsei shūshuku o kyōchōshita jitaijū torēningu ga sarukopenia kanja no kenkō kaizen ni ataeru eikyō  
別タイトル
名前 Health-improving effects of eccentric contraction-accentuated bodyweight training in patients with sarcopenia  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 稲見, 崇孝  
カナ イナミ, タカユキ  
ローマ字 Inami, Takayuki  
所属 慶應義塾大学体育研究所  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、サルコペニア患者に対して伸張性収縮を強調した自体重トレーニングを実施した際の身体組成および筋力、形態、身体機能および筋分解への影響を検討した。感染症の状況を鑑み一部測定項目を変更した。測定項目には体重、骨格筋量指数、収縮期血圧、拡張期血圧、握力、膝関節伸展筋の等尺性最大筋力、開眼および閉眼での両脚バランステスト、30秒間の椅子立ち上がりテスト、Timed up and goテスト、長座体前屈、歩行速度、尿中タイチンフラグメント(Urinary titin N-terminal fragment:UTF)を採用した。事前測定は実際のトレーニングから14日前に実施し、事後測定はトレーニング終了から7日以内に実施した。トレーニング期間は10週間とし、対象者は、週に一度の居住施設を併設したコミュニティーセンターにて行われた筋活動のモニタリングが可能な全体トレーニングに加えて、少なくとも週に2回の自宅トレーニングを実施した。トレーニング期間中、対象者には日常活動や食事の制限は行わず、日頃の生活スタイルを維持して実験に参加するように指示をした。その結果、骨格筋指数、収縮期血圧、握力、等尺性最大筋力、30秒間の椅子立ち上がりテスト、開眼両脚バランステスト時総軌跡長、閉眼両脚バランステスト時総軌跡長、長座体前屈、歩行速度において有意な改善が認められた。これらは健常な高齢者を対象に伸張性収縮トレーニングを実施して得られた先行研究の結果と類似していたことから、健常な高齢者のみならずサルコペニア患者においても自体重にて行われる伸張性収縮が含まれるトレーニングは、身体組成および筋力、形態、身体機能の改善に有効であるといえる。さらには、UTFにおいても、当初高値を示した者が、トレーニング介入によって減少する可能性が明らかになった。この結果は、UTFがサルコペニアを検出するバイオマーカーとなりえる可能性を示唆している。
This study examined the effects on body composition and muscle strength, morphology, physical function, and myolysis when sarcopenia patients underwent bodyweight training with an accentuated eccentric contraction. Considering the situation of infectious diseases, some measurement items were changed. Finally, measurements included body weight, skeletal muscle mass index, systolic blood pressure, diastolic blood pressure, grip strength, isometric maximum strength of knee extensors, bilateral balance test with open and closed eyes, 30-second chair rise test, timed up and go test, seated forward bend stretch test, walking speed, urinary titin fragment (UTF) was performed. Pre-measures were taken 14 days prior to the actual training, and post-measures were taken within 7 days of the end of training. The training period was 10 weeks, and participants trained at home at least twice a week in addition to the overall training, which took place once a week at a community center with residential facilities. During the training period, participants were not restricted in their daily activities or diet, and were instructed to maintain their daily lifestyle and participate in the experiment. Results showed significant improvements in skeletal muscle index, systolic blood pressure, grip strength, isometric maximal muscle strength, 30-second chair stand test, total trajectory length during open-eye balance test, total trajectory length during closed-eye balance test, seated forward bend stretch test, and walking speed. These results were similar to those obtained in previous studies using eccentric contraction training in healthy elderly subjects, suggesting that training including eccentric contraction phase performed with bodyweight is effective in improving body composition, muscle strength, morphology, and physical function, not only in healthy elderly subjects but also in patients with sarcopenia. Furthermore, the results of the UTF study showed that training intervention may decrease the initially high UTF. These results suggest that UTF may be a biomarker to detect sarcopenia.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 30, 2023 10:23:10  
作成日
Nov 30, 2023 10:23:10  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 30, 2023    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1676) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (453)
3位 新自由主義に抗す... (389)
4位 In-vivo kinemati... (324)
5位 石垣島の「エコツ... (268)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (964) 1st
2位 文化資本概念の現... (636)
3位 酢酸エステル類の... (618)
4位 興味が引き起こさ... (501)
5位 インフルエンサー... (500)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース