慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190312  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190312.pdf
Type :application/pdf Download
Size :133.3 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 110

Total downloads since Dec 16, 2022 : 110
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル メタボリックシンドロームおよび生活習慣とメンタルヘルスの相互作用の検討  
カナ メタボリック シンドローム オヨビ セイカツ シュウカン ト メンタル ヘルス ノ ソウゴ サヨウ ノ ケントウ  
ローマ字 Metaborikku shindorōmu oyobi seikatsu shūkan to mentaru herusu no sōgo sayō no kentō  
別タイトル
名前 The study of interaction between metabolic syndrome, lifestyle, and mental health  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 後藤, 伸子  
カナ ゴトウ, ノブコ  
ローマ字 Goto, Nobuko  
所属 慶應義塾大学保健管理センター助教 (有期)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
メタボリックシンドローム(MetS)は内臓脂肪蓄積に高血圧・高血糖・脂質代謝異常が組み合わさり、動脈硬化性疾患をまねきやすい病態であり、食事、運動、睡眠、ストレスなどの生活習慣が大きく病態に影響する。一方、うつ病もメタボリックシンドロームと同様に生活習慣の影響を大きく受ける。メタボリックシンドロームとうつ病は相互作用することが明らかにされているが、メカニズムは依然不明なままであり、加えて、日本人を解析対象とする報告は限られている。本研究では、教職員健康診断データを用いてメタボリックシンドロームとメンタルヘルスの相互作用と、生活習慣との関連について解析を行った。保健管理センター独自に作成した、健康診断質問票により生活習慣(喫煙、飲酒、運動、食事、睡眠、ストレス、体重歴)について、メンタルヘルスチェックによりうつ病態について情報を収集した。2018年度教職員健診においてデータ提供の許可を得た2159人(信濃町地区を除く:匿名化したデータを用いた観察研究について登録番号201801 http://www.hcc.keio.ac.jp/ja/research/research-observational.html) 
の解析を行った。メンタルヘルスチェックはGoldberg による GHQ 精神健康調査票(The General Health Questionnaire-28;GHQ28)のうつ7項目から6項目を抜きだしたものであり、MetS非該当群、MetS予備群およびMetS該当群の3群の点数を比較した。メンタルヘルスチェック総スコアの中央値(範囲)は7(6-23)であった。ノンパラメトリックKruskal-Wallisによる検定では、MetS非該当群とMetS予備群には有意な差は認められなかったが、MetS非該当群とMetS予備群に比べ、MetS該当群は有意に総スコアが低くなっていた。また、総スコアと、喫煙、運動不足、間食習慣、睡眠不足、および高ストレスなど、MetSに繋がる生活習慣に正の相関が認められた。今回の評価ではMetSとうつ傾向に明らかな相関は認められなかったが、MetSとうつ傾向に共通する生活習慣が認められた。本結果を踏まえ、MetSとうつ病がお互いの新規発症に与える影響について今後検討する。
Metabolic syndrome (MetS) is a condition that combines visceral fat accumulation with high blood pressure, high blood sugar, and abnormal lipid metabolism, and is likely to lead to atherosclerotic diseases. Lifestyle habits such as diet, exercise, sleep, and stress greatly affect the condition. On the other hand, depression, like metabolic syndrome, is also greatly affected by lifestyle. Although it has been shown that metabolic syndrome and depression interact with each other, the mechanism remains unclear. In addition, there are only a limited number of reports analyzing Japanese subjects. In this study, I analyzed the interaction between metabolic syndrome and mental health and its relationship with lifestyle using data from health checkup of faculty and staff. We collected information on lifestyle (smoking, drinking, exercise, diet, sleep, stress, and weight history) using a health checkup questionnaire, and on depression using a mental health checkup. We analyzed 2159 individuals who gave permission to provide data(excluding Shinanomachi district: Observational Studies Using Anonymous Data, Registration Number201801, http://www.hcc.keio.ac.jp/ja/research/research-observational.html).
The mental health checkup consisted of six items extracted from the seven depression items of the GHQ28 (The General Health Questionnaire-28) by Goldberg. The scores of the three groups were compared. The median (range) of the total mental health checkup score was 7 (6-23). A nonparametric Kruskal-Wallis test showed that there was no significant difference between the non-MetS and pre-MetS groups, but the MetS group had a significantly lower total score than the non-MetS and pre-MetS groups. There was also a positive correlation between the total score and lifestyle habits that lead to MetS, such as smoking, lack of exercise, snacking habits, lack of sleep, and high stress. In the present study, there was no clear correlation between MetS and depressive tendency, but lifestyle habits common to MetS and depressive tendency were observed. Based on these results, the influence of MetS and depression on each other's new onset will be examined in the future.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:47  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:47  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (929) 1st
2位 慶應義塾大学日吉... (851)
3位 故意犯と過失犯の... (698)
4位 731部隊と細菌戦 ... (430)
5位 新自由主義に抗す... (408)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (856) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (650)
3位 刑法における因果... (640)
4位 酢酸エステル類の... (629)
5位 インフルエンサー... (598)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース