慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190200  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190200.pdf
Type :application/pdf Download
Size :124.0 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 74

Total downloads since Dec 16, 2022 : 74
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 薬局での口腔内環境チェックに対する歯科医師の認識及びニーズに関する調査  
カナ ヤッキョク デノ コウクウナイ カンキョウ チェック ニ タイスル シカ イシ ノ ニンシキ オヨビ ニーズ ニ カンスル チョウサ  
ローマ字 Yakkyoku deno kōkūnai kankyō chekku ni taisuru shika ishi no ninshiki oyobi nīzu ni kansuru chōsa  
別タイトル
名前 Needs of dentists for the oral check at community pharmacies  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岩田, 紘樹  
カナ イワタ, ヒロキ  
ローマ字 Iwata, Hiroki  
所属 慶應義塾大学薬学部助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
う蝕や歯周病は全身の疾患の原因にもなり得るため、口腔内環境の維持は重要である。一方で、近年、医療費抑制や健康寿命延伸のために、薬局には健康サポート機能が求められている。2015年9月に薬局店頭での唾液による口腔内環境チェックが可能となったが、それに対する歯科医師の認識やニーズを調査した報告はない。本研究では、薬局での口腔内環境チェックに対する歯科医師のニーズを明らかにするとともに、薬局と歯科の連携の展望を検討することを目的とした。調査対象は東京都内の歯科医院からランダムに抽出した1,000件に勤務する歯科医師とした。2019年7月11日から2019年8月9日に、郵送による無記名の自記式質問紙調査を実施した。得られた259件の回答(回収率26%)全てを解析対象とした。薬局での口腔内環境チェックに対する認知度は5%と極めて低かったが、それを支持した歯科医師は85%に上り、「患者の歯・歯茎の健康意識が高まる」(87%)や「口腔疾患の早期発見に繋がる」(72%)等の理由が挙げられた。口腔内環境チェック後には「歯科医院への受診勧奨」(86%)や「歯科医院向けの情報提供書の発行」(61%)を期待しており、薬局から歯科へ患者を繋げる形を望んでいることが示唆された。また、薬局との関わりの経験がある歯科医師は62%にとどまったが、薬局と連携を望む歯科医師は79%に上った。連携推進に必要なこととして「連携に関する地域の仕組み」(64%)や「情報共有のための統一の書式」(59%)等が挙げられた。本研究により、薬局での唾液による口腔内環境チェックは歯科医師の認知度は低かったものの、ニーズが高いことが明らかとなり、多くの薬局で普及させる意義は大きいと考えられた。また、薬局との連携を望む歯科医師は多く、地域の仕組み作りやツールの導入等、連携の在り方について更に検討する必要がある。
Since oral diseases are related to systemic diseases, it is important to maintain the oral environment. In recent years, community pharmacies are required to have a health support function in order to reduce medical expenses and extend healthy life expectancy. In September 2015, it was allowed to check the oral environment using saliva at community pharmacies, but there was no report investigating the perceptions and needs of dentists about the oral checks at community pharmacies. In this study, we aimed to clarify the needs of dentists for checking the oral environment at community pharmacies and examine the prospects for collaboration between pharmacies and dental clinics. We conducted an anonymous self-administered questionnaire survey by mail to randomly selected 1,000 dentists working at dental clinics in Tokyo, from July 11, 2019 to August 9, 2019. All of 259 responses (recovery rate: 26%) were included in the analysis. Only 5% of dentists knew the oral environment checks at community pharmacies. However, 85% of dentists supported the oral checks at pharmacies because the checks increased the awareness of patients to health of their teeth and gums (87%) and led to early detection of oral diseases (72%). After the check, dentists expected recommendation for consultation to dental clinics (86%) and issuance of document for information provision to dental clinics (61%), which indicated they hoped to connect patients from pharmacies to dental clinics. Although only 62% of dentists had been associated with pharmacies, 79% of dentists desired to work with pharmacies. Necessary items for promotion of collaboration between pharmacies and dental clinics included regional systems for collaboration (64%) and unified format for sharing of patients' information (59%). In conclusion, the oral environment checks with saliva at community pharmacies was not well recognized by dentists, but it was revealed that the checks were strongly needed, and the spread of the checks at more community pharmacies was considered to have great significance. Additionally, it was indicated that many dentists desired to collaborate with pharmacies, and further studies are needed about the way of collaboration, such as the creation of local systems and the introduction of tools.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:30  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:30  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (437) 1st
2位 新自由主義に抗す... (371)
3位 In-vivo kinemati... (303)
4位 石垣島の「エコツ... (292)
5位 Open-domain dial... (250)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (933) 1st
2位 酢酸エステル類の... (602)
3位 興味が引き起こさ... (499)
4位 インフルエンサー... (494)
5位 刑法における因果... (422)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース