慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180287  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180287.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.8 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 123

Total downloads since Oct 24, 2022 : 123
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 現代韓国における道教の比較瞑想論的研究 : 京畿道安山市の「太極呼吸法」を中心として  
カナ ゲンダイ カンコク ニ オケル ドウキョウ ノ ヒカク メイソウロンテキ ケンキュウ : キョンギド アンサンシ ノ「タイキョク コキュウホウ」オ チュウシン トシテ  
ローマ字 Gendai Kankoku ni okeru dōkyō no hikaku meisōronteki kenkyū : Kyongido Ansanshi no "taikyoku kokyūhō" o chūshin toshite  
別タイトル
名前 Comparative study of the Taoist mediation in contemporary Korea  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 樫尾, 直樹  
カナ カシオ, ナオキ  
ローマ字 Kashio, Naoki  
所属 慶應義塾大学文学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は、現代韓国道教の「太極法」というエネルギー法的瞑想を比較瞑想論的に考察して、祈りや瞑想という諸宗教実践の一般理論構築に資することを目的とする。第一課題は、太極法の「築基」以降の過程と、中国内丹法のそれとの比較である。今回の調査研究によって明らかになった点は、築基以降、帯脈→小周天という過程までは共通しているが、「大周天」と総称される諸過程が、四肢を経路とするのではなく、各経絡を綿密に通していくという点に重点が置かれているということである。第二課題は、太極呼吸法と、道教およびその他、特に韓国円仏教の呼吸法との比較である。エネルギー法系の瞑想では特に、固有の呼吸法によって、肉体の経絡に生体エネルギー=「気」を十全に通貫させた後、微細身体および原因身体の順に各々固有のエネルギーを通貫させていくとされる。この身体=エネルギー論的な事態は、太極呼吸法を事例とした場合、築基から小周天の過程では丹田自動呼吸が実践されるが、その後の大周天の諸過程においては、指先および毛穴からの「気」の流入出による呼吸が丹田呼吸に付加される、と説明できる。円仏教の参禅的瞑想では丹田に意識を向けるものの、呼吸は自然呼吸であり、エネルギースポットに留意した呼吸は行われない。また、現代に伝承される中国の内丹法やインドのクンダリニーヨーガのチャクラ呼吸法では、下丹田や、スワディスタナチャクラ・ムーラダーラチャクラに生体エネルギーを蓄積した後に、小周天(スシュムナー)にその生体エネルギーを循環させるという実践に重きが置かれるのに対して、太極呼吸法では丹田の自動呼吸および、大周天成就の過程で実現される、身体に穿たれた穴を生体エネルギーが通貫することによって確立されていくエネルギー循環的呼吸が重視される。太極法はおそらく中国道教の中心のひとつである全真教の影響をうけており、今後はその影響関係を研究する必要がある。
The purpose of this study is to analyze an energy type meditation of contemporary Korean Taoism called "Method of Supreme Ultimate" from the viewpoint of comparative meditation theory to contribute to the construction of general theory of religious practices such as prayer and meditation.
The first issue is the comparison of the processes after "Building the foundation of cinnabar field" of "Method of Supreme Ultimate" and those of the Chinese internal alchemy. The common point clarified by this research study is the process from girdle vessel to macrocosmic orbit (lesser celestial circuit) after building the foundation of cinnabar field. On the other hand, the difference is that Circulating the breath through each meridians is more important than through the limbs in the processes called "Great Celestial Circuit".
The second issue is the comparison of Breathing Method of Supreme Ultimate with that of Taoism and others, especially Korean Won Buddhism. In the energy type meditations, in particular, after fully circulating the vital energy called "Qi" into the physical body meridians by the intrinsic breathing method, each specific energy is circulated through the subtle body and the causal body in this order. In the case of Breathing Method of Supreme Ultimate, we can explain that this physical – energetic situation means the automatic cinnabar field breathing in the process from girdle vessel to macrocosmic orbit (lesser celestial circuit) and the "Qi" breathing through fingertips, pores and cavity of breath in the processes called "Great Celestial Circuit". In Zen meditation of Won Buddhism, although consciousness is directed to cinnabar field, its breathing is merely natural, but not the automatic cinnabar field breathing like Breathing Method of Supreme Ultimate. In addition, according to the contemporary Chinese internal alchemy and chakra breathing of Kundalini Yoga in India, after accumulating "Qi", bio-energy in lower cinnabar field or Svadishthana Chakra (Sacral Chakra) and Muladhara Chakra (Root Chakra), the emphasis is placed on the practice of circulating the bio-energy through macrocosmic orbit (lesser celestial circuit), "Susumna". On the other hand, Breathing Method of Supreme Ultimate emphasize the practice of automatic cinnabar field breathing, and breath circulating bio-energy generated by circulating of bio-energy through the cavity of body in completing the process of "Great Celestial Circuit".
"Method of Supreme Ultimate" is probably influenced by one of the centers of Chinese Taoism, Quan-zhen-jiao. It is necessary to study its influence in future research.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:38:16  
作成日
Oct 24, 2022 13:38:16  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース