慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180023  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180023.pdf
Type :application/pdf Download
Size :117.2 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 79

Total downloads since Oct 24, 2022 : 79
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「笑い」の経済学  
カナ 「ワライ」ノ ケイザイガク  
ローマ字 "Warai" no keizaigaku  
別タイトル
名前 Economics of laughter  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中島, 隆信  
カナ ナカジマ, タカノブ  
ローマ字 Nakajima, Takanobu  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
人間はなぜ笑うのか。これは古くて新しいテーマである。これまで哲学者や心理学者の手により多くの理論が登場してきたが、決定打といえるものは存在しない。その原因は、これまでの研究が多様性のある笑いという現象を統一的に説明することにこだわってきたからである。
本研究では、笑いに至るまで複数のステップを想定し、それらをクリアするためにコストがかかると考える。ここでのコストは人間の脳にかかる負荷である。負荷の大きさは各人の特性や環境によって決まる。笑いに至るまでのステップは以下のようになる。
ステップ1 目にした現象を不自然なことだと認知すること
ステップ2 不自然なことをもたらした主体に親しみを抱くこと
ステップ3 不自然なことに対して非当事者性を持つこと
ステップ4 不自然なことから心を解放すること
各ステップをクリアするためのコストは個人間でバラツキがあるので、笑いを産業化するには工夫が求められる。たとえば、寄席の漫才を考えてみよう。そもそも客は笑うために寄席に来ているので「心の解放」へのニーズがある。まず、漫才師はネタに入る前の「つかみ」で観客との距離を縮め共感を持ちやすくする。そのうえで、ボケが不自然なことを見せる。それに対してツッコミが「なんやそれ?」と反応することで不自然なことが強調され、さらに「そんな訳ないやろ」とボケの頭を叩くことで、観客に非当事者性を意識させるともに心の解放を助ける働きをする。また、他の観客と一緒にいることで集団心理が働き、心を解放するための負荷が大幅に軽減される。
本研究では、この4ステップを用いた理論モデルを用い、世の中に存在するさまざまな笑いのメカニズムが解明された。そこにはビジネスに限らず、ジョーク、風刺、からかい、くすぐりなど私たちの身近にあるさまざまな笑いと関連する現象も含まれる。
The purpose of this research is to explore the structure how laughter appears and analyze the connection of laughter and social system.
To make up the failure of classical theory to explain laughter, I would like to present more general one that is "call-it-even theory of laughter." To rephrase, laughter is "mental release from unnaturalness by outsiderness." The point is we have to pay the following three kinds of cost to accomplish laughter.
1)Cost to discover and make unnatural things
2)Cost to make someone outsider of the unnatural things
3)Cost to release one's brain from unnatural things
Because the amount of these cost differs according to the person, someone laughs but others do not to face the same unnatural things. Classical theory of laughter has tried to universalize humor that causes laughter, but this theory, by introducing concept of cost, explains there is no universal humor in human society because of differences of cost level among people.
Base on this theory, laughter is absolutely personal. Laughter tends to be individual and exclusive. This tendency leads to the following shortcomings.
1)Difficult to make laughter business
2)laughter looks odd from outsiders' eyes
However, if someone succeed to generalize laughter it will be a big business. The conditions are as follows.
1)homogeneity of sense of values which determines what looks unnatural, and
2)lower both cost to make someone outsider of the unnatural things and cost to release one's brain from unnatural things.

Economics of Laughter surveys traditional theory of laughter and proposes call-it-even theory of laughter instead. Using this theory, we can explain the background of various kinds of laughter in our society. Furthermore, we investigate the technique how to industrialize laughter by controlling the tree kinds of costs skillfully.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:32  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (726) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (463)
3位 新自由主義に抗す... (405)
4位 731部隊と細菌戦 ... (352)
5位 二〇二三年度三田... (291)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2453) 1st
2位 家族主義と個人主... (1856)
3位 731部隊と細菌戦 ... (607)
4位 猫オルガンとはな... (494)
5位 新参ファンと古参... (417)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース