慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180146  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180146.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.1 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 126

Total downloads since Oct 24, 2022 : 126
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ハンドボールの日本代表チームの東京オリパラを通過点としたキャリア育成プログラムの開発  
カナ ハンドボール ノ ニホン ダイヒョウ チーム ノ トウキョウ オリパラ オ ツウカテン トシタ キャリア イクセイ プログラム ノ カイハツ  
ローマ字 Handobōru no Nihon daihyō chīmu no Tōkyō oripara o tsūkaten toshita kyaria ikusei puroguramu no kaihatsu  
別タイトル
名前 Program development of career formation for the Japanese national handball team : regarding Tokyo Olympics and Paralympics as the one of the step stones for further leap  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 東海林, 祐子  
カナ トウカイリン, ユウコ  
ローマ字 Tokairin, Yuko  
所属 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究はハンドボールの女性アスリートのキャリア育成に関する実態とその課題に向けた取り組みを行った。研究手法はアスリートが所属する日本リーグの全9クラブに『目標設定』・『コミュニケーション』・『考える力』などのライフスキルの心理尺度(10尺度40項目)を実施し、日本代表経験や所属母体や(企業チームやクラブチームなどの所属チーム)によって、ライフスキル獲得レベルに差や意識について違いが見られるかどうかを調査した。結果は『目標設定』をはじめとするいくつかの尺度で有意な差が見られた(その他についてはオリパラ終了まで公表はできない)。
次にライフスキルの意識の高い選手5名を中心に3回にわたり勉強会を開催した。「ハンドボールの競技を通じた自身の成長」をテーマに講師として登壇するが、対象となった小中学生のライフスキルが獲得されただけでなく、これが機会となり講師であるアスリート自身のキャリア形成につながることがヒアリングによって示唆された。しかし、日本代表と所属チームの両方に所属するアスリートは時間の余裕がなく、キャリア形成を無理なく行うための方策が求められることもわかった。今後は所属チームやクラブのなかで、どのようにしてキャリア形成のための準備を行うのかが課題となる。さらにこれに加えて、アスリートの悩みとして結婚や妊娠、育児などのライフステージでの悩みも多く挙げられた。
In this study, we had attempted to grasp the actual situation of career formation (career development) and to find out the issues to resolve.
First, we conducted the questionnaire survey to the athletes who belong to one of 9 club teams of the Japanese national handball league as the research method. We provide 40 questionnaire items based on the phycological scales covers 10 factors such as setting goals, communicating, thinking carefully, and so forth, and tried to examine if there were differences of the levels of life skills acquisition among the subjects according to the experiences of their own. (Experience referred to here is, with or without the experiences as the Japan national player and the different circumstances of the affiliation between company and club team.) As a result, there were significant differences in the findings from some scales like setting goals. (Further details are not allowed to make public until Tokyo Olympics and Paralympics is over.)
Second, we had held study sessions three times for the participants especially for the five athletes who had high level of awareness. Each of them gave the lectures on the following theme;' Growth of myself through the events of handball' to the elementary and junior high school students. Consequently, the students subjected to the audience of every lecture were able to gain the life skills. Moreover, it was suggested that the opportunity to deliver the lectures led to the career development of the said athletes.
However, the players who belong to both the Japanese national team and the team they play for are tight on time. Therefore, it is crucial for the organization they are part of to prepare the support measures for their career formation. In addition, it is also future issue to eliminate their anxieties about the problems on every life stage such as marriage, pregnancy, and child rearing.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:21  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:21  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1676) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (453)
3位 新自由主義に抗す... (389)
4位 In-vivo kinemati... (324)
5位 石垣島の「エコツ... (268)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (964) 1st
2位 文化資本概念の現... (636)
3位 酢酸エステル類の... (618)
4位 興味が引き起こさ... (501)
5位 インフルエンサー... (500)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース