慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0022  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0022.pdf
Type :application/pdf Download
Size :111.0 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 858

Total downloads since Mar 28, 2022 : 858
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 抗菌薬併用によるアルミニウムおよびマグネシウム吸収亢進の全身曝露評価  
カナ コウキンヤク ヘイヨウ ニ ヨル アルミニウム オヨビ マグネシウム キュウシュウ コウシン ノ ゼンシン バクロ ヒョウカ  
ローマ字 Kōkin'yaku heiyō ni yoru aruminiumu oyobi maguneshiumu kyūshū kōshin no zenshin bakuro hyōka  
別タイトル
名前 Evaluation of systemic exposure to increased absorption of aluminum and magnesium by concomitant use of antimicrobials  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 今岡, 鮎子  
カナ イマオカ, アユコ  
ローマ字 Imaoka, Ayuko  
所属 慶應義塾大学薬学部  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
薬物の消化管吸収過程における薬物相互作用の一つに、キレート形成による薬物吸収低下がある。なかでも、ニューキノロン系抗菌薬とアルミニウムの薬物相互作用により、抗菌薬の吸収が低下することは広く知られている。一方で、消化管吸収モデル細胞を用いた先行研究において、両剤を併用した際にアルミニウムの吸収(透過性)が増大する可能性があることを見出した。しかし、ニューキノロン系抗菌薬併用時の金属カチオンの吸収亢進が、アルミニウム以外の金属についてもみられるかは検討されていない。また、この現象が生体レベルでみられるかも評価されていない。そこで、本研究では、ラットおよび消化管吸収モデル細胞を用いて、ニューキノロン系抗菌薬併用によるマグネシウムの吸収変動について評価することを目的とした。
まず、ラットにおいて、ニューキノロン系抗菌薬の一種であるシプロフロキサシンと酸化マグネシウム製剤を併用すると、シプロフロキサシンの薬物血漿中濃度‐時間曲線下面積 (AUC) はシプロフロキサシン単独時の 20% 程度に低下した一方で、マグネシウムの AUC はマグネシウム単独時の 130% に増大する傾向が見られている。よって、酸化マグネシウム製剤とシプロフロキサシンを併用することで、マグネシウムの全身移行が亢進する可能性があり、両剤の併用には注意が必要であることが示唆された。
一方で、消化管吸収モデル細胞を用いた検討においては、マグネシウム定量法の確立が難航しており、引き続き検討を行っていく。
One of the drug-drug interactions during the drug absorption process is the decrease in drug absorption due to the chelation. For example, oral absorption of new quinolones antibiotics (NQs) is decreased by the coadministration of a drug containing polyvalent metal cations such as aluminum. On the other hand, the absorption of aluminum was increased by NQs in our previous in vitro study. The purpose of this study was to evaluate the variation of magnesium absorption by the coadministration of NQs in rats and Caco-2 cells, a model of gastrointestinal absorption. In rats, the combination of ciprofloxacin and magnesium oxide decreased the area under the drug plasma concentration-time curve (AUC) of ciprofloxacin to about 20% of that of ciprofloxacin alone. On the other hand, the AUC of magnesium tended to increase to 130% of that of magnesium alone. Therefore, it was suggested that the concomitant use of magnesium oxide and ciprofloxacin may increase the absorption of magnesium and that caution should be used in combination with both drugs.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:42  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:42  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (948) 1st
2位 「危険の予見可能... (867)
3位 故意犯と過失犯の... (595)
4位 731部隊と細菌戦 ... (419)
5位 新自由主義に抗す... (395)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (886) 1st
2位 酢酸エステル類の... (673)
3位 731部隊と細菌戦 ... (666)
4位 インフルエンサー... (575)
5位 刑法における因果... (571)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース