慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17H01739seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17H01739seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :250.0 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 82

Total downloads since Mar 5, 2021 : 82
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル クリティカルサービスを提供可能なスマートコミュニティ基盤の研究  
カナ クリティカル サービス オ テイキョウ カノウナ スマート コミュニティ キバン ノ ケンキュウ  
ローマ字 Kuritikaru sābisu o teikyō kanōna sumāto komyuniti kiban no kenkyū  
別タイトル
名前 Smart community information platform for providing critical services  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 西, 宏章  
カナ ニシ, ヒロアキ  
ローマ字 Nishi, Hiroaki  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00365470
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
スマートコミュニティ (SC) において既存情報インフラやサービスに影響を与えず極度制約問題を解決可能な情報通信インフラを構築し、従来の実施例ではなしえなかった新しいSCサービスを実装・ 評価することを目的とする。具体的には、1.極度制約達成型インフラを構成するSC情報HWを含むプラットフォー ムの構築、2.その上で動作するSCオペレーティングシステムおよび、実際にサービスを提供する上で必要となる各種最適化手法の提案と実装、3.実トラフィック評価や提案インフラによる地域実証評価、以上に取り組むこと で、新しい地域情報インフラとスマートコミュニティのあり方を示す。
The purpose of this study is to construct an information and communication infrastructure that can solve the problem with extreme constraints in a smart community (SC) without affecting the existing information infrastructure and services and to implement and evaluate new SC services that could not be provided in the previous embodiments. Specifically, we demonstrate a new type of regional information infrastructure and smart community by 1. constructing a platform including HW-based SC information infrastructure that can fulfill extreme constraints, 2. proposing and implementing the SC operating system that runs on the platform and various optimization methods that are necessary for providing actual services, and 3. evaluating regional demonstrations using the proposed infrastructure and real traffic.
 
目次

 
キーワード
サービス構築基盤技術  

スマートコミュニティ  

Internet of Things  

エッジコンピューティング  

クリティカルサービス  

ネットワークストリーム解析  

サービスマイグレーション  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17H01739
研究分野 : 情報通信
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:17  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:17  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (609) 1st
2位 実践的推論の合理... (449)
3位 新自由主義に抗す... (444)
4位 統治の思想と実務... (395)
5位 Brain Tech guide... (316)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1163) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (846)
3位 独ソ不可侵条約と... (775)
4位 アセトアニリドの... (602)
5位 インフルエンサー... (390)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース