慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170086  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170086.pdf
Type :application/pdf Download
Size :126.1 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 508

Total downloads since Feb 21, 2019 : 508
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「先を見る」ための視覚探索活動の特性と知覚トレーニングへの応用  
カナ 「サキ オ ミル 」 タメ ノ シカク タンサク カツドウ ノ トクセイ ト チカク トレーニング エノ オウヨウ  
ローマ字 "Saki o miru" tame no shikaku tansaku katsudō no tokusei to chikaku torēningu eno ōyō  
別タイトル
名前 Visual search activity of "look ahead" strategy and training  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 加藤, 貴昭  
カナ カトウ, タカアキ  
ローマ字 Kato, Takaaki  
所属 慶應義塾大学環境情報学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の主題は, 昨年度から引き続きスポーツ競技という極めて過酷な時間的および空間的制約のある環境を対象とし, 熟練競技者による「先を見る」ための視覚探索活動について眼球運動計測を中心に実験的な検討を行い, さらには指導現場において用いられている知覚学習方略を発展させた新たな知覚トレーニングシステムの開発に寄与することであった。
本研究は2つの課題から構成されており, 課題1の『各種競技フィールドにおける熟練競技者の視覚探索活動特性の評価』においては, これまでに研究代表者らのグループにて行ってきた研究実績を踏まえ, 今年度は特に, 特にテニス(ソフトテニス), ラグビー, 野球といった競技の1対1場面状況を設定し, 熟練競技者の眼球運動計測を元に優れた視覚探索活動について実験的検討を行った。特に野球競技においては野手の打球判断時に着目し, 熟練遊撃手の視線と反応速度, 正答率において, 外野手, 投手, 初心者との差異が明確となった。本研究内容は第一弾として国際スポーツ心理学会にて発表を行った。
課題2の『「先を見る」ための新たな知覚学習方略の検討』については, 課題1で実施したシミュレーション実験の結果をもとに, 顕在性, 潜在性を考慮した「先を見る」ための知覚学習について実験的な検討を行った。具体的にはテニス(ソフトテニス), ラグビー, さらにはサッカー(フットサル), フェンシングの1対1場面状況をシミュレートし, 時間的遮蔽技術を採用した視覚刺激を呈示することにより, 知覚スキルの特性について検討した。多くの被験者を採用することで, 各種目, 各競技場面での特徴が明確になった。
今後はさらに検証可能なスポーツ競技を対象とし, 研究の進捗および各競技の協力者との関係を考慮しつつ, データ獲得範囲を柔軟に設定し, 最終的な知覚トレーニングシステムへに寄与するための, 学習方略について着目していきたい。
Expert performers are almost routinely able to cope with severe constraints and can consistently demonstrate superior performance. The purpose of this study is to explore the mechanisms involved in the perceptual-motor expertise of "look ahead" in sports, and contribute the development of novel perceptual training for players.
In the sport of baseball, successful field the balls requires not just catch the ball, but also perception skills in order to predict the direction in which the ball would be hit by the batter, and to respond to the batter's movement pattern as early as possible, and moreover pitcher's movements and the thrown ball as well. In this study, we analyzed visual search activities of experts who are playing college baseball league and novices, and their reactions in the simulated baseball fielding situation. The results indicated differences in visual search strategies between players even though within groups. Findings are discussed from empirical and coaching perspectives.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:10:00  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1676) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (453)
3位 新自由主義に抗す... (389)
4位 In-vivo kinemati... (324)
5位 石垣島の「エコツ... (268)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (964) 1st
2位 文化資本概念の現... (636)
3位 酢酸エステル類の... (618)
4位 興味が引き起こさ... (501)
5位 インフルエンサー... (500)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース