慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K15950seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K15950seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :102.3 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 419

Total downloads since Nov 12, 2018 : 419
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 複雑な生命事象データにおける特異な部分集合の探索的同定に関する研究  
カナ フクザツナ セイメイ ジショウ データ ニ オケル トクイナ ブブン シュウゴウ ノ タンサクテキ ドウテイ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Fukuzatsuna seimei jishō dēta ni okeru tokuina bubun shūgō no tansakuteki dōtei ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 A study on exploratory identification of responsive subgroups in complex survival event data  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 林, 賢一  
カナ ハヤシ, ケンイチ  
ローマ字 Hayashi, Kenichi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70617274
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
複雑な生命事象と関連する因子(バイオマーカーなど)の関係を正しく評価する指標と, 得意な反応を示す部分集団を特定するための方法論を研究した。前者については, 区間打ち切りデータとよばれる生存時間データについて, C-indexとよばれる指標の推定方法を開発した。また, IDI(integrated discriminant improvement)とよばれる指標のもつ問題点を解消するために, その修正も行った。後者については, 一般化平均を用いたクラスタワイズ回帰モデルの拡張を行った。このモデルは, 過去に提案されたクラスタワイズ回帰モデルを特殊な場合として含む。また, 数値実験によりその有用性を示した。
This project aims to develop measures of statistical model for survival outcomes and related variables such as biomarkers, and methods that detects responsive subgroups in data. As for the first issue, an estimation method of C-index for interval censored data is proposed. Further, a modification of the IDI (integrated discriminant improvement) is developed to overcome critical concerns in the original IDI. As for the second issue, a cluster-wise linear model is extended based on the generalized mean, which is called Kolmogorov-Nagumo average. The extended model involves several models proposed in the previous study as special caes. Through numerical experiments, the superiority of the proposed model is implied.
 
目次

 
キーワード
医学統計学  

区間打ち切りデータ  

C-index  

IDI  

NRI  

ROC解析  

power-IDI  

クラスタワイズ回帰モデル  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K15950
研究分野 : 統計科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:23:55  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:55  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1649) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (762)
3位 Bidet toilet use... (540)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1055) 1st
2位 インフルエンサー... (501)
3位 石垣島の「エコツ... (439)
4位 興味が引き起こさ... (438)
5位 刑法における因果... (425)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース