慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20170101-0047  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20170101-0047.pdf
Type :application/pdf Download
Size :318.2 KB
Last updated :Oct 27, 2021
Downloads : 900

Total downloads since Oct 27, 2021 : 900
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 立地モデルにおける一般意志の探索  
カナ リッチ モデル ニ オケル イッパン イシ ノ タンサク  
ローマ字 Ritchi moderu ni okeru ippan ishi no tansaku  
別タイトル
名前 A search for the general will in a spatial model  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 坂井, 豊貴  
カナ サカイ, トヨタカ  
ローマ字 Sakai, Toyotaka  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳) Faculty of Economics, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
109  
4  
2017  
1  
開始ページ 601(47)  
終了ページ 613(59)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/001.20170101-0047
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ジャン=ジャック・ルソーは『社会契約論』第4篇2章で, 議会で意見が満場一致に近づくほど一般意志はより優勢になると述べた。本論ではこの古典的議論を, 選択肢集合のサイズが可変的な, 一次元立地モデルで再考する。そこでボルダ勝者とコンドルセ勝者とがほぼ一致し, 一般意志に合致する選択肢を疑いなく選び取れるための必要条件を見つけてゆく。この条件は, 選択肢の評価について投票者の間である種の共感が存在することを求めるが, 満場一致の要求よりはるかに弱いものだ。
In Book IV, Chapter II of The Social Contract, Jean-Jacques Rousseau argued that the nearer opinion approaches unanimity in an assembly, the greater is the dominance of the general will. The present study revisits this classical argument in a one-dimensional spatial model with variable agendas. The study obtains a sufficient condition under which the Borda winner and the Condorcet winner almost coincide so that we can unambiguously find an alternative that conforms to the general will. This condition describes the existence of certain sympathy among voters on the evaluation of alternatives, and it is much weaker than the unanimity requirement.
 
目次

 
キーワード
コンドルセ勝者  

ボルダルール  

一般意志  

立地モデル  

Condorcet winner  

Borda rule  

General will  

Spatial model  
NDC
 
注記
特集 : 伝統的・非伝統的な観点からの規範経済学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 27, 2021 14:22:11  
作成日
Apr 03, 2017 16:49:13  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jan 9, 2018    フリーキーワード, 抄録, 版, 本文 を変更
Oct 27, 2021    JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 109 (2016) / 109(4) 201701
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (984) 1st
2位 故意犯と過失犯の... (794)
3位 慶應義塾大学日吉... (724)
4位 731部隊と細菌戦 ... (456)
5位 新自由主義に抗す... (436)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (806) 1st
2位 刑法における因果... (747)
3位 インフルエンサー... (617)
4位 731部隊と細菌戦 ... (577)
5位 酢酸エステル類の... (565)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース