慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000129-0165  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000129-0165.pdf
Type :application/pdf Download
Size :594.3 KB
Last updated :Jul 3, 2012
Downloads : 1834

Total downloads since Jul 3, 2012 : 1834
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル カルミデス篇におけるソクラテスの産婆術と教育 : ソフロスネー, 克己節制(健全なる思慮)への教育  
カナ カルミデスヘン ニ オケル ソクラテス ノ サンバジュツ ト キョウイク : ソフロスネー, コッキ セッセイ (ケンゼンナル シリョ) エノ キョウイク  
ローマ字 Karumidesuhen ni okeru Sokuratesu no sanbajutsu to kyoiku : Sofurosune, kokki sessei (kenzennaru shiryo) eno kyoiku  
別タイトル
名前 Socratic midwifery in Carmides  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 東, 敏徳  
カナ アズマ, トシノリ  
ローマ字 Azuma, Toshinori  
所属 聖徳大学幼児教育専門学校  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2012  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
129  
2012  
3  
開始ページ 165  
終了ページ 187  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Carmides is an early piece of Plato. It offers a positive dialogue of Socratic method, and it substantiates the efectiveness of Socratic midwifery(maieutic) strategy for education. The first rule of educational midwifery is not to hand the right answer to one's interlocutors, but to enable them themselves to give birth to the right answer from their own inner resources.
In this article, I will show that Socratic conversation in Carmides makes clear the structural framework of his method. In the first part of this article, I will concentrate on the characteristic of Carmides in the Plato's works. Carmides is written in a spitit of open-minded inquiry which is typcally Socratic in the early dialogue, without at any point presupposing Plato's characteristic middle-period doctrines. In the second part, I will analyze the theme of Carmides about knowledge of knowledges. Socrates' way of labelling the word 'knowledge' is to link it to 'possessing' something as opposed to 'having' it in comparison with Critias' way. In the third part, I will conclude that the knowledge of knowledges is the foundation of midwifery method.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jan 15, 2014 15:27:09  
作成日
Jul 02, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jan 15, 2014    フリーキーワード, 抄録, 著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 129 (201203)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (880) 1st
2位 新自由主義に抗す... (378)
3位 アイドル文化にお... (373)
4位 組織市民行動が成... (322)
5位 もしも世界がみん... (298)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (738) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (706)
3位 解説 : 体液の物... (618)
4位 姿勢維持における... (583)
5位 適応的選好形成と... (539)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース