慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000009-20200026  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000009-20200026.pdf
Type :application/pdf Download
Size :130.9 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 49

Total downloads since Feb 16, 2024 : 49
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル オブジェクト指向メディアを用いた次世代分散研究開発基盤の構築  
カナ オブジェクト シコウ メディア オ モチイタ ジセダイ ブンサン ケンキュウ カイハツ キバン ノ コウチク  
ローマ字 Obujekuto shikō media o mochiita jisedai bunsan kenkyū kaihatsu kiban no kōchiku  
別タイトル
名前 Online platform for research and development with object oriented media  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 砂原, 秀樹  
カナ スナハラ, ヒデキ  
ローマ字 Sunahara, Hideki  
所属 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は、KMD におけるリアルプロジェクトで求められる「複数の拠点に分散した研究者が、協調作業を行うことで、ロケーションに依存しない研究開発環境の構築」を目指したものである。これまでも、TV会議システム等を用いた遠隔協調研究開発環境の構築を行ってきているが、2020年に世界を襲ったCOVID-19によってこうした要請が大きく進んだ。ここでは
こうした研究開発基盤の構築のため、画像や音声、研究データ等の各メディアソースをオブジェクトして扱い必要に応じてそれらを合成して提示するオブジェクト指向メディアシステムの活用を進めている。今年度は、研究拠点だけで無く学生や教員の自宅までを含めた広範囲な分散環境の中での構築が不可欠となっており、このような環境下でのオブジェクト指向メディアの活用方法に注力して研究を実施した。開発を進めているオブジェクト指向メディアシステムを基盤として、その各メディアソースの管理、それらの合成提示手法、構成された合成メディアによる協調作業環境を実現する。これは、単に遠隔地とのコミュニケーションを支援するだけでなく、より密なグループ間の連携も促進し、より高度な成果を得られるように構築を行っている。特に、今年度の経験から音響環境の整備が不可欠であり、音声・音メディアの管理・合成に関して検討を進めている。この中で音声・音の定位について試行錯誤を行い、集中するべきメインの音声・音を中央に定位させながら、他の音・音声を利用者の周辺に定位させていくことが効果的であることが明らかになっている。一方で、合成された音声の中ではバランスの設定が難しく今後の課題となっている。また、音声・音メディアの収録環境において周囲の情報との分離、複数の話者の音声の分離等について検討を進めている。
今後After COVID-19の研究開発環境として、こうした技術は重要となると考えており、今後も実際の環境へ適用しながら研究を進める予定である。
This research aims at "construction of a location-independent R & D environment by collaborating with researchers dispersed in multiple bases" required for a real project in KMD. Until now, we have been building a remote collaborative research and development environment using video conferencing systems, etc., but COVID-19, which hit the world in 2020, made such a request significantly. here
In order to build such a research and development platform, we are promoting the utilization of an object-oriented media system that handles each media source such as images, sounds, and research data as objects and synthesizes and presents them as needed. This year, it is essential to build in a wide range of distributed environments that include not only research bases but also the homes of students and faculty members, and we will focus on how to utilize object-oriented media in such an environment. The research was carried out. Based on the object-oriented media system that is being developed, we will realize the management of each media source, the method of presenting their composition, and the collaborative work environment with the composed composition media. It not only supports communication with remote areas, but also promotes closer collaboration between groups and is built to achieve practical results.In particular, from this year's experience, it is essential to improve the acoustic environment, and we are studying the management and synthesis of audio and sound media. It is effective to perform trial and error on the localization of voice/sound, and to localize other voice/sound around the user while localizing the main voice/sound to be concentrated in the center. It has become clear. On the other hand, it is difficult to set the balance in the synthesized voice, which is a future issue. In addition, we are studying the separation of audio and sound media from surrounding information and the audio of multiple speakers in the recording environment.
We believe that these technologies will be important as the R & D environment for After COVID-19 in the future, and we plan to continue research while applying them to the actual environment.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:06:45  
作成日
Feb 16, 2024 14:06:45  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (929) 1st
2位 慶應義塾大学日吉... (851)
3位 故意犯と過失犯の... (698)
4位 731部隊と細菌戦 ... (430)
5位 新自由主義に抗す... (408)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (856) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (650)
3位 刑法における因果... (640)
4位 酢酸エステル類の... (629)
5位 インフルエンサー... (598)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース