慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200195  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200195.pdf
Type :application/pdf Download
Size :108.1 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 21

Total downloads since Feb 16, 2024 : 21
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 第一・第二言語における知覚的補完  
カナ ダイイチ・ダイニ ゲンゴ ニ オケル チカクテキ ホカン  
ローマ字 Daiichi daini gengo ni okeru chikakuteki hokan  
別タイトル
名前 Perceptual restoration in listeners' first and second language  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石田, 真子  
カナ イシダ, マコ  
ローマ字 Ishida, Mako  
所属 慶應義塾大学理工学部専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、人がどのように第一言語(L1)・第二言語(L2)の音声を理解するのかを調べ、特に音声の時間配列が崩れた際の音声理解について調査した。実験では、英語を第二言語として学んできた日本語母語話者の方々に、時間配列の崩れた音声(日本語の単語と英語の単語)を聞いてもらった。また、実験結果は、Ishida, Samuel, & Arai (2016)で報告した、英語母語話者の結果と比較した。尚、時間配列の崩れた音声の作成にあたっては、音声波形を一定のX時間区間ごと(10, 30, 50, 70, 90, or 110 msごと)に時間軸上で反転させる「時間反転音声」(locally time-reversed speech)を作成した。実験の結果、実験参加者は「第二言語である英語」よりも「第一言語である日本語」で時間反転音声(単語)をよく理解し、それは驚くことではなかったが、この実験では同時に、「日本語母語話者が第一言語(L1)である日本語で時間反転音声を理解した結果」は、「英語母語話者が第一言語(L1)である英語で時間反転音声を理解した結果」(Ishida, Samuel, & Arai, 2016)よりも良かったことが示された。つまり、日本語の単語は、英語の単語よりも、時間反転音声としての音声明瞭度が高かったといえるが、それは、日本語の基本的な言語構造であるCV(C<子音>+V<母音>)が、音声明瞭度に寄与したからであると考えられた。この研究結果は、「Perceptual restoration of locally time-reversed speech: Non-native listeners' performance in their L2 vs. L1」というタイトルで論文に纏め、「Attention, Perception, & Psychophysics」という学術誌に採録決定となった。
This study explored how people understand speech in their first (L1) and second language (L2) when speech signal is temporally distorted. This study specifically focused on native Japanese speakers who learned English as a second language, and examined how they understood temporally distorted words in their L1 Japanese vs. L2 English. Their results were also compared with the results of native English speakers (L1 English) reported in Ishida, Samuel, & Arai (2016). In this study, the temporal distortion of speech was generated by flipping every X-ms of speech signal (either 10, 30, 50, 70, 90, or 110 ms) on a temporal axis (locally time-reversed speech). The results suggested that people understood locally time-reversed words better in their L1 Japanese than in L2 English, which was not surprising, but this study also shed light on the fact that native Japanese speakers understood locally time-reversed speech in their L1 Japanese much better than native English speakers who listened to locally time-reversed words in their L1 English in Ishida, Samuel, and Arai (2016). In other words, Japanese words might be more tolerant of the local time distortion than English words, possibly because of its basic linguistic structure -- CV (consonant + vowel). The result of this study was reported in a paper entitled "Perceptual restoration of locally time-reversed speech: Non-native listeners' performance in their L2 vs. L1" which was accepted in a journal "Attention, Perception, & Psychophysics."
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 13:35:19  
作成日
Feb 16, 2024 13:35:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (980) 1st
2位 「危険の予見可能... (564)
3位 731部隊と細菌戦 ... (384)
4位 新自由主義に抗す... (380)
5位 ガールクラッシュ... (343)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (954) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (779)
3位 731部隊と細菌戦 ... (770)
4位 酢酸エステル類の... (696)
5位 慶應義塾大学日吉... (652)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース