慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200185  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200185.pdf
Type :application/pdf Download
Size :122.2 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 30

Total downloads since Feb 16, 2024 : 30
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル COVID-19のパンデミックによる働き方の変化と健康およびウェルビーイングに関する検討  
カナ COVID-19 ノ パンデミック ニ ヨル ハタラキカタ ノ ヘンカ ト ケンコウ オヨビ ウェルビーイング ニ カンスル ケントウ  
ローマ字 COVID-19 no pandemikku ni yoru hatarakikata no henka to kenkō oyobi werubīingu ni kansuru kentō  
別タイトル
名前 Changes in working styles and health and wellbeing due to the COVID-19 pandemic  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 島津, 明人  
カナ シマズ, アキヒト  
ローマ字 Shimazu, Akihito  
所属 慶應義塾大学総合政策学部教授 (有期)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
【研究の目的】
本研究では,COVID-19 のパンデミックによる働き方の変化と,労働者の健康およびウェルビーイングとの関連を,縦断調査により明らかにすることを目的とした。
【研究方法】
企業に勤務する従業員を対象に,複数時点にわたるWeb調査を行った。
(1)公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)の会員企業のうち,協力の得られた13社に勤務する20~59歳の正規従業員を対象に,約3ヶ月間隔で2回のオンライン調査を実施し(T1:2020年6月8~22日,T2:2020年9月9~23日),323名(T1)と176名(T2)から回答が得られた。
(2)インターネット調査会社(楽天インサイト)の登録モニタのうち20-59歳の正規従業員を対象に,約3ヶ月間隔で4回のオンライン調査を実施した(T1:2020年6月8~9日 ,T2:同年9月9~18日,T3:12月8~17日,T4:2021年3月8~20日)。それぞれの調査において,1600名(T1),1425名(T2),1385名(T3),1345名(T4)から回答が得られた。
【得られた成果】
2種類のWeb調査を通じて,主に以下の成果を得ることができた。
(1)COVID-19への感染体験は,感染時だけでなく感染後6ヶ月経過した時点でも心理的ストレス反応に影響することを明らかにした。
(2)コロナ禍における雇用の不安定さは心理的ストレス反応の高さと関連し,その影響は3ヶ月から6ヶ月後も持続することを明らかにした。
(3)テレワーク頻度によるジョブ・クラフティングとワーク・エンゲイジメントとの関連において,ジョブ・クラフティングの「仕事」「対人関係」はテレワーク頻度が高い場合にはエンゲイジメントとの関連が小さいが,「認知」とエンゲイジメントとの関連の大きさはテレワーク頻度に依存しないことを明らかにした。
(4)仕事における退屈尺度日本語版を開発し,その信頼性と妥当性を確認した。
[Aim]
The purpose of this study was to examine the relationship between changes in working styles due to the pandemic of COVID-19 and worker health and well-being through a longitudinal survey.

[Method]
The following online surveys were conducted among Japanese employees.
(1) Two-wave online surveys were conducted with approximately three months interval (T1: June 8-22, 2020, T2: September 9-23, 2020) among full-time employees aged 20-59 working at 13 member companies of the Japan Facility Management Association (JFMA) that cooperated with the survey. We obtained responses from 323 (T1) and 176 (T2) respondents.
(2) Four-wave online surveys were conducted with approximately three months invervals (T1: June 8-9, 2020; T2: September 9-18, 2020; T3: December 8-17, 2020; T4: March 8-20, 2021) among regular employees aged 20-59 who were registered monitors of an online survey company (Rakuten Insight). Responses were obtained from 1600 (T1), 1425 (T2), 1385 (T3), and 1345 (T4) respondents for each survey.
[Achievements]
Through two sources of online surveys, we obtained the following findings.
(1) The experience of COVID-19 infection had an effect on psychological distress not only at the time of infection but also 6 months after infection.
(2) Job insecurity during the pandemic of COVID-19 was associated with higher psychological distress, and that the effects persisted after 3 to 6 months.
(3) In terms of the relationship between job crafting and work engagement by telework frequency, the relationships of "task crafting" and "interpersonal crafting" with work engagement were weak among those with high telework frequency, the relationship between "cognitive crafting" and work engagement did not change according to telework frequency.
(4) We developed Japanese version of the Dutch Boredom Scale(DUBS)and confirmed its reliability and validity.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 13:35:17  
作成日
Feb 16, 2024 13:35:17  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (403) 1st
2位 文化資本概念の現... (400)
3位 Spatial animacy ... (346)
4位 新自由主義に抗す... (340)
5位 ガールクラッシュ... (300)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (729) 1st
2位 酢酸エステル類の... (643)
3位 インフルエンサー... (565)
4位 診療上の医師の注... (476)
5位 アルコール発酵の... (427)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース