慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200017  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200017.pdf
Type :application/pdf Download
Size :109.4 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 42

Total downloads since Feb 16, 2024 : 42
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル フルーツの経済学  
カナ フルーツ ノ ケイザイガク  
ローマ字 Furūtsu no keizaigaku  
別タイトル
名前 Economic analysis of fruits  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中島, 隆信  
カナ ナカジマ, タカノブ  
ローマ字 Nakajima, Takanobu  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
フルーツの持つ多様性を検証するため、「新宿高野」のご協力のもと、静岡のメロン農家、千葉のいちご農家を訪ね、高付加価値産品の栽培について取材を行った。その結果、どのようなフルーツもコストをかければ高い品質の商品に仕上げることが可能であることがわかった。ただ、それをビジネスとして考えたとき、消費者がその産品にどこまで価値を見出すかに依存するという点を忘れてはならない。たとえば、マスクメロンには1玉1万円~2万円を出す消費者はいるだろう。その表面の繊細な編み目が贈答品としての品格を形成するからだ。しかし、赤梨はどのようにコストをかけて高品質の産品を生産したとしても、それに1玉3000円を出す消費者はいないだろう。つまり、消費者がおのおののフルーツにどれだけの価値を見出すかによって生産者はどこまでコストをかけて高品質のフルーツを栽培できるかが決まるのである。このメロンは一例であるが、他にも、いちご、ぶどう、桃などの産品について同様のことがあてはまる。他方、スーパーマーケットで売られているフルーツは果専店のそれとはまったく事情が異なる。ここでは「あまおう」「サンふじ」などの銘柄がブランド価値を形成し、それをどの農家が栽培したかについて消費者はほとんど気にとめない。また、スーパーのフルーツは店舗の入り口の「飾り」であり、スーパーの売り上げにはほとんど寄与しないものの消費者を明るい気分にさせ、買い物意欲を高めるという効果がある。
これらフルーツの持つ多様性を今後も探究していく予定である。
According to the investigation of fruits farmers and their merchants, almost every kind of fruits can be a product of high quality by spending considerable amount of cost. This managerial strategy, however, is not necessarily successful if customers appreciate the market value of each fruit. In case of muskmelon they spend more than 10 thousand yen for just one, but hardly spend more than 3 thousand for one Japanese red pear even if a farmer can cultivate high quality of pear with considerable amount of cost. In this sense, consumer's evaluation is a decisive element of pricing strategy in a fruits market. On the other hand, in supermarkets fruits do not contribute to the profit but play an important role as an entrance ornament. This diversity that fruits have will be more deeply investigated in the future research.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 13:35:15  
作成日
Feb 16, 2024 13:35:15  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (980) 1st
2位 「危険の予見可能... (564)
3位 731部隊と細菌戦 ... (384)
4位 新自由主義に抗す... (380)
5位 ガールクラッシュ... (343)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (954) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (779)
3位 731部隊と細菌戦 ... (770)
4位 酢酸エステル類の... (696)
5位 慶應義塾大学日吉... (652)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース