慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-20220003-0014  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-20220003-0014.pdf
Type :application/pdf Download
Size :124.0 KB
Last updated :Nov 30, 2023
Downloads : 19

Total downloads since Nov 30, 2023 : 19
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル スポーツ科学研究に向けた学生サポート等に関する実践的研究  
カナ スポーツ カガク ケンキュウ ニ ムケタ ガクセイ サポート トウ ニ カンスル ジッセンテキ ケンキュウ  
ローマ字 Supōtsu kagaku kenkyū ni muketa gakusei sapōto tō ni kansuru jissenteki kenkyū  
別タイトル
名前 Practical research on athlete students support for sports science research  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鳥海, 崇  
カナ トリウミ, タカシ  
ローマ字 Toriumi, Takashi  
所属 慶應義塾大学体育研究所  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2023  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2022  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
主に4つの観点から研究を推進した.1つ目はサッカー等のフィールドスポーツを想定した,選手のプレー中における心拍数の逐次計測を通じて,プレー要素とその当時の心拍数から選手の判断の妥当性について振り返りを実施した.この調査を通じて選手のプレーにおける判断の妥当性が向上し,ひいては選手の競技力向上,及び競技に対するモチベーションが向上することが確認できた.
2つ目は女性アスリートを想定した,基礎体温の測定を通じて,自身の月経周期やそれに伴う日常生活,もしくは競技への影響を振り返りを実施した.事前調査では多くの女性アスリートが自身の基礎体温の測定や月経周期,またはそれに伴う影響について,専門的な教育を受けていないことが判明した.このことから,まずは月経周期やそれに伴う影響についての基礎的な講義を実施するとともに,調査への協力を希望する者に対して基礎体温の測定を実施した. 
3つ目は個人競技を想定した,競技心理検査を通じて,選手のシーズンを通じた心理特性の変化について調査し,選手との定期的な面談を通じて,これらを振り返ることで心理特性と競技パフォーマンスとの関係性について検討を加えた.競技心理検査に関してはその特性上,結果を監督やコーチに伝えることができず,また選手との信頼性を確保することにも時間を要するため,当初の計画より測定できる競技・人数は減少した.
4つ目はチームスポーツを想定した,体組成の定期的な測定を通じて,学年・ポジション・競技力に応じた,必要とされる体組成の推定を実施した.これまでは筋肉量が多いことが競技力の向上に役立つと考えられ,積極的なウエイトトレーニングが採用されていたが,学年や競技力によっては多すぎる筋肉量がシーズン中に怪我を引き起こしやすくなる傾向が確認できた.
今後も同様の測定を継続することで,学生スポーツの教育的価値向上に期することが出来ると考えられる.
The research was conducted mainly from four points of view. First, assuming field sports such as soccer, we conducted a review on the validity of the player's judgment based on the play elements and the heart rate at that time through the sequential measurement of the player's heart rate during play. Through this survey, it was assumed that the validity of the player's judgment in play improved, and the player's skills and motivation for the game improved. Second, assuming female athletes, we measured their basal body temperature and looked back on their own menstrual cycle and its accompanying daily life or impact on their sports performance. Preliminary surveys revealed that many female athletes did not receive specialized education on measuring their own basal body temperature, menstrual cycle, or the effects associated with it. For this reason, we first gave a basic lecture on the menstrual cycle and its accompanying effects, and measured the basal body temperature of those who wished to cooperate with this research. Third, it is to examine the changes in the psychological characteristics of athletes throughout the season through competitive psychology tests, assuming individual sports, and to look back on these through regular interviews with athletes to examine the relationship between psychological characteristics and sports performance. Due to the nature of sports psychology tests, results cannot be communicated to managers and coaches, and it takes time to establish trust with athletes. Fourth, we estimated the required body composition according to grade, position, and sports performance through regular measurements of body composition, assuming team sports. It was believed that having a large amount of muscle mass would help improve sports performance, and aggressive weight training was adopted. However, it was confirmed that excessive muscle mass tended to cause injury during the season, depending on grade and competitive ability. By continuing these measurements, we can expect to improve the educational value of student sports.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 30, 2023 10:32:01  
作成日
Nov 30, 2023 10:32:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 30, 2023    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2022年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (410)
3位 731部隊と細菌戦 ... (238)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (233)
5位 認知文法から考え... (190)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (446) 1st
2位 新参ファンと古参... (431)
3位 日本における美容... (326)
4位 新自由主義に抗す... (299)
5位 インフルエンサー... (257)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース