慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0037  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0037.pdf
Type :application/pdf Download
Size :132.0 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 26

Total downloads since Mar 28, 2022 : 26
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル IoT技術を用いた鳥獣捕獲罠用通知装置の開発・運用と地域連携の推進  
カナ IoT ギジュツ オ モチイタ チョウジュウ ホカクワナヨウ ツウチ ソウチ ノ カイハツ・ウンヨウ ト チイキ レンケイ ノ スイシン  
ローマ字 IoT gijutsu o mochiita chōjū hokakuwanayō tsūchi sōchi no kaihatsu un'yō to chiiki renkei no suishin  
別タイトル
名前 Development and operation of a notification device for bird and animal traps using IoT technology and promotion of regional cooperation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松本, 佳宣  
カナ マツモト, ヨシノリ  
ローマ字 Matsumoto, Yoshinori  
所属 慶應義塾大学理工学部  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
今年度は、農家や小規模な自治体が導入可能でかつ害獣による農作物被害対策に有用な「IoT技術を用いた鳥獣捕獲罠用通知装置」を設計、検証、運用を行った。 Web ブラウザーベースのクラウドシステムを用いた罠監視システムに加えて、メールやSNS(LINE)によって罠の状況を通知するシステムをSORACOM FunkとAWS Lambdaというクラウドサービスを利用して構築した。通知内容は位置情報を含む文面として、農家・自治体が監視しやすいシステムを実際に運用して、使い勝手の検証を行った。このシステムの特徴は、低コストLPWA(Low Power Wide Area)通信とオープンクラウドなどの利用により、端末費用や通信費用を市販製品の 1/3 ~1/5 程度とした点にある。この価格破壊効果によりくくり罠や箱罠への設置台数の飛躍的増大が可能になる事から、野生鳥獣数の生息域拡大を減少に寄与する可能性を有している。今後、使用するセンサ及びIoTデバイスの改良に取り組みつつ、捕獲通知システムを搭載したくくり罠の数を増やしデータの蓄積と通知パターンの分析を行い、捕獲通知の確実性を向上させていく。今年度は、広角カメラとワンボードマイコンモジュールを用いた害獣判別・通知システムも設計、試作した。これらにより「産学・農業・地域連携」を行政機関と連携して推進し、モデルケース事例の確立と広報を行い鳥獣被害対策アドバイザー制度に協力しながら農家、自治体の導入拡大に取り組んでいく。今年度は、コロナの影響のため会合や罠設置に自粛と制限がかかったが、来年度はかながわ鳥獣被害対策支援センター・平塚市有害鳥獣対策協議会とも連携して、野生鳥獣による離農や耕作放棄の問題に向き合って行きたい。今年度は、食料被害の対策に効果的なイノシシ対策から始めたが、鹿など他の鳥獣へ拡大していく事で「IoT 技術を用いた鳥獣捕獲罠用通知装置と農業・地域連携の推進」による持続可能な社会実現を目指していきたい。
A "notification device for bird and animal traps using IoT technology," has been designed, verified to operate for farmers and small-scale local governments. The device is useful for preventing damage to crops by vermin. In addition to a trap monitoring system using a web browser-based cloud system, a system to notify the status of traps via e-mail and SNS (LINE) was constructed using SORACOM Funk and AWS Lambda cloud services. The content of the notifications includes location information, and the usability of the system was verified by actually operating a system that is easy for farmers and local governments to monitor. The system features low-cost LPWA (Low Power Wide Area) communication and open cloud computing, which reduces the cost of terminals and communication to 1/3 to 1/5 of commercial products. This price-cutting effect enables a dramatic increase in the number of traps and box traps, and thus has the potential to reduce the expansion of the habitat of wild birds and animals. In the future, while working on improving the sensors and IoT devices, the number of traps equipped with the capture notification system will increase to accumulate data, analyze notification patterns, and improve the certainty of capture notification. Furthermore, a prototype of a vermin identification and notification system have been designed and fabricated using a wide-angle camera and a one-board microcomputer module. Through these efforts, "industry-academia-agriculture-region collaboration" will be promoted in cooperation with government agencies, establish model cases, publicize them, and cooperate with the advisory system for bird and animal damage prevention to expand the adoption of the system by farmers and local governments. In this year, holding meetings and traps had to be refrained due to the effects of Corona virus, but in the next year, I would like to face the problems of abandoned farming and abandoned crops caused by wild birds and animals in cooperation with the Kanagawa Wildlife Damage Prevention Support Center and the Hiratsuka City Council for Control of Pest Animals. In the current year, I started against wild boars, which are effective in preventing food damage, but the system will be expanded to other birds and animals, such as deer, in order to realize a sustainable society through the "promotion of IoT technology-based notification devices for bird and animal traps and cooperation between agriculture and local communities.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:43  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:43  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース