慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0010  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0010.pdf
Type :application/pdf Download
Size :109.5 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 11

Total downloads since Mar 28, 2022 : 11
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 人に生まれながらにして具わる言語の仕組みとは何か : 理論的意義と経験的帰結  
カナ ヒト ニ ウマレナガラ ニ シテ ソナワル ゲンゴ ノ シクミ トワ ナニ カ : リロンテキ イギ ト ケイケンテキ キケツ  
ローマ字 Hito ni umarenagara ni shite sonawaru gengo no shikumi towa nani ka : rironteki igi to keikenteki kiketsu  
別タイトル
名前 What is the innate mechanism of the human language? : its theoretical significance and empirical consequences  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 北原, 久嗣  
カナ キタハラ, ヒサツグ  
ローマ字 Kitahara, Hisatsugu  
所属 慶應義塾大学言語文化研究所  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
2 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Chomsky (2020)ではMerge はWorkspace (WS) に適用される操作として捉えなおされ、MERGEと呼ばれている。

(1) MERGE(P, Q, WS) = [ {P, Q}, X1, ..., Xn ] = WS'

MERGEはWSのP, Qから{P, Q}をつくり、WSをWS' へと変換する操作であるが、WS'には{P, Q}以外に何が含まれているのであろうか。この点についてChomsky (2020)では、以下の一般原理からその答えを導き出すことができると議論している。

(2) Preservation of Terms (PT): WS' includes every term of WS as its term.
(3) Resource Restriction (RR): The number of accessible terms increases by one and only one from WS to WS'.

PTのもとでは、WSの要素でPでもQでもないものは、必ずWS'の要素として含まれねばならず、RRのもとでは、WSからWS'の変換で適用対象となり得る要素の増加は1要素のみに限定される。

本研究では、PTとRRを満たすMERGEのもとでは、External MERGE (EM)とInternal MERGE (IM)は認可されるが、それ以外は除外されること、また(4)のTakano-Müllerの制約(Takano-Müller's constraint, TMC)が定理として導き出せることを明らかにした。

(4) In [... [X ... t1 ... ]2 ... Y1 ... t2 ...], movement of Y and movement of X may not be of the same type.

MERGEの適用で注目すべき点は以下の通りである。EMでは、WS'はWSのすべての要素を含み、MERGEの適用対象の増加は1(3→4)である。IMでも、WS'はWSのすべての要素を含み、MERGEの適用対象の増加は(WS'は7 要素含むが)最小探索(Minimal Search)のもと1(5→6)である。EMとIM以外では、適用対象の増加が2(4→6)となり、すべてRRの違反として除外される。TMCについては、the Phase-Impenetrability Condition (PIC)を仮定すると、RRの違反が生じるのは相(phase)内の移動であり、相(phase)外への移動はPICの効果のもとRRの違反とならないことが導き出される。
Chomsky (2020) (re)formulates Merge as applying to a Workspace (WS) and yielding a new WS', and it is called (capital) MERGE: 

(1) MERGE(P, Q, WS) = [ {P, Q}, X1, ..., Xn ] = WS'

MERGE maps WS to WS' by selecting P, Q from WS, forming {P, Q}, and adding {P, Q} to WS'. But what else appears in WS'? Chomsky argues that the answer to this question naturally follows from the following two general principles.

(2) Preservation of Terms (PT): WS' includes every term of WS as its term.
(3) Resource Restriction (RR): The number of accessible terms increases by one and only one from WS to WS'.

It follows from PT that if Y is a member of WS, and Y is neither P nor Q, then Y is a member of {X1, ..., Xn}, and from RR that accessibility increase is restricted to one and only one per MERGE application.

In this study, we demonstrated (i) how MERGE, satisfying PT and RR, allows External MERGE (EM) and Internal MERGE (IM) (but nothing beyond them) as legitimate applications, and (ii) Takano-Müller's constraint (TMC), stated in (4), is a theorem established on the basis of the proper formulation of 3rd factor principles.

(4) In [... [X ... t1 ... ]2 ... Y1 ... t2 ...], movement of Y and movement of X may not be of the same type.

Consider the relevant aspects of each application: In EM, WS' includes every term of WS as its term, and accessibility increases by one (3→4). In IM, WS' includes every term of WS as its term, and accessibility increases by one (5→6). Note WS' contains 7 terms, but only 6 of them are accessible under Minimal Search. In all other cases, WS' includes every term of WS as its term, but accessibility increases by two (4→6), so they are are all ruled out. As for TMC, given the Phase-Impenetrability Condition (PIC), it follows that a violation of RR results if there is no phase boundary between the higher X and the moved Y, while if there is a phase boundary between them, the moved Y becomes inaccessible by PIC, thereby satisfying RR. Thus, TMC receive a principled account.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:41  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:41  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース