慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26670422seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26670422seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :80.8 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 473

Total downloads since Sep 21, 2017 : 473
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 特異的転写因子発現による肺細胞への分化誘導法の確立  
カナ トクイテキ テンシャ インシ ハツゲン ニ ヨル ハイサイボウ エノ ブンカ ユウドウホウ ノ カクリツ  
ローマ字 Tokuiteki tensha inshi hatsugen ni yoru haisaibo eno bunka yudoho no kakuritsu  
別タイトル
名前 Direct reprogramming into pulmonary alveolar epithelial cells by defined transcription factors  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 斎藤, 史武  
カナ サイトウ, フミタケ  
ローマ字 Saito, Fumitake  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30338040

名前 四倉, 正也  
カナ ヨツクラ, マサヤ  
ローマ字 Yotsukura, Masaya  
所属 慶應義塾大学・医学部・呼吸器外科・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 石井, 誠  
カナ イシイ, マコト  
ローマ字 Ishii, Makoto  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 家田, 真樹  
カナ イエダ, マサキ  
ローマ字 Ieda, Masaki  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
体細胞を起点として幹細胞を経ずに目的の細胞を直接的に誘導する手法(直接リプログラミング法)が, 幹細胞を用いない新たな再生医療の手法として近年報告されている。我々はマウス線維芽細胞に3または4個の特異的因子遺伝子を強制発現させ培養した細胞が, II型肺胞上皮細胞に特異的なマーカーであるSurfactant Protein C(SP-C)を発現していることを免疫染色で確認した。さらにそれらの細胞内にII型肺胞上皮細胞に特異的とされるLamellar bodyの存在を電子顕微鏡で確認した。これらの結果から, 直接リプログラミング法によってII型肺胞上皮細胞が誘導されたことが示唆された。
Direct reprogramming has been reported recently as one of the new methods of regenerative medicine. By direct reprogramming method, somatic cells are converted into other types of cells directly, not using stem cells. We induced 3 or 4 selected factors into fibroblasts of mice. After culturing, the induced cells were found to express Surfactant Protein C, which is a specific marker of type II alveolar cell (AT II) by immunofluorescence staining. The presence of "lamellar body" , which is known as a specific structure of AT II, was detected in the cytoplasm of these induced cells by electron microscopy. These results suggested that induced AT II was obtained by direct reprogramming method.
 
目次

 
キーワード
再生医療  

リプログラミング  

肺胞上皮  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26670422
研究分野 : 呼吸器内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:05  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース