慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26420155seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26420155seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.4 MB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 592

Total downloads since Sep 21, 2017 : 592
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 噴霧燃焼法を利用したコアシェル酸化物微粒子の新規合成手法の構築  
カナ フンム ネンショウホウ オ リヨウシタ コア シェル サンカブツ ビリュウシ ノ シンキ ゴウセイ シュホウ ノ コウチク  
ローマ字 Funmu nenshoho o riyoshita koa sheru sankabutsu biryushi no shinki gosei shuho no kochiku  
別タイトル
名前 Novel synthesis method of core shell oxide particles by flame spray pyrolysis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 横森, 剛  
カナ ヨコモリ, タケシ  
ローマ字 Yokomori, Takeshi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90453539
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 噴霧燃焼法によりSiO2シェルと種々のコアからなるコアシェル粒子の合成について, その合成可否と合成条件の特定, 粒子がコアシェル構造化するメカニズムについて検討を行った。結果として, 合成条件によって様々な構造の粒子が合成され, 特に高温の火炎温度かつ特定の前駆物質濃度条件においてコアシェル粒子が形成されることが分かった。また, EDX及びXRD分析結果から, コアは前駆物質起源の複合酸化物, シェルはSiO2となっていることがわかった。合成メカニズムとしては, 相平衡図の検討から, コアおよびシェル物質が合成過程において不混和により2液に分離することが理由であると推察される。
The motivation of this research is to figure out the possibility to synthesize core shell particles by using the flame spray pyrolysis and clarify the formation mechanism of those core shell particles. Many structural particles were produced under various synthesis conditions, especially the ideal core shell structure was obtained under the high flame temperature and the certain concentration of the precursor solution. According to EDX and XRD analysis of the core shell particles, core is composed of complex oxide from precursor solutes, and shell is composed of SiO2. Based on the phase diagram, it is inferred that the formation of core shell structure was caused by the separation of each component at the liquid phase state in the synthesis route.
 
目次

 
キーワード
燃焼合成  

粒子合成  

噴霧燃焼法  

コアシェル粒子  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26420155
研究分野 : 燃焼工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:02  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (612)
3位 ドイツのSNS対策... (435)
4位 グラウンデッド・... (434)
5位 なぜ日本ユニテリ... (420)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (2614) 1st
2位 Research on elec... (2162)
3位 新たなかたちのひ... (2010)
4位 Linguistic encod... (1974)
5位 経営者が語るアン... (1781)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース