慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26330115seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26330115seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.9 MB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 135

Total downloads since Sep 21, 2017 : 135
 
タイトル
タイトル 階層間の影響を考慮した無線メッシュネットワーク技術の開発  
カナ カイソウカン ノ エイキョウ オ コウリョシタ ムセン メッシュ ネットワーク ギジュツ ノ カイハツ  
ローマ字 Kaisokan no eikyo o koryoshita musen messhu nettowaku gijutsu no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of WiFi mesh network technology considering multi-layer parameter  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 植原, 啓介  
カナ ウエハラ, ケイスケ  
ローマ字 Uehara, Keisuke  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30286629
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
イベントネットワークや災害時の避難所などでは, 簡易に無線ネットワークを敷設することが期待されている。しかし, 現在のメッシュネットワークは専門家なしに敷設することは難しい。本研究の目的は, 簡単に無線メッシュネットワークを敷設するためのシステムを開発することである。特に階層の協調を重要視している。階層間のパラメータ調整はパフォーマンスの向上に必要不可欠である。本研究では, 物理層からネットワーク層までのパラメータを考慮し, 誰もが高性能なメッシュネットワークを構築できるシステムを提案した。
At an event network, an evacuation schelter of disaster and so on, it is needed to develop temporary network. However, it is difficult to build current mesh network technology without specialists. The purpose of this research is to develop a system which build mesh network easily. The important point is that the parameters must be adjusted among layers. Without this, the performance will be very bad. In this research, I have proposed a system which uses the layer 1-3 parameters to establish mesh network.
 
目次

 
キーワード
メッシュネットワーク  

WiFi  

アドホックネットワーク  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26330115
研究分野 : コンピュータネットワーク
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:00  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース