慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24700986seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24700986seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :389.1 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 717

Total downloads since Dec 11, 2014 : 717
 
タイトル
タイトル グリオブラストーマの腫瘍形成規定因子の同定  
カナ グリオブラストーマ ノ シュヨウ ケイセイ キテイ インシ ノ ドウテイ  
ローマ字 Gurioburasutoma no shuyo keisei kitei inshi no dotei  
別タイトル
名前 Identification of key factors of glioblastoma tumorigenesis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Sampetrean, Oltea  
カナ サンペトラ, オルテア  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学・医学部・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50571113
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
グリオブラストーマ起源細胞の特性を解析し、腫瘍塊形成を規定する因子の同定を目標として研究を行った。具体的には : (1)グリオブラストーマのマウスモデルを用いて、複数の腫瘍起源細胞のクローンを樹立し、その増殖能、浸潤能などのフェノタイプ解析を行った。その結果、腫瘍起源細胞の代謝特性がクローンによって大きく異なることを見出した。(2)樹立した腫瘍起源細胞の遺伝子プロファイルを解析し、(1)で同定した性質の規定因子候補を同定した。(3)同定した特性・規定因子の機能解析を行い、グリオブラストーマ起源細胞がエネルギー代謝経路として解糖経路のみならず、酸化的リン酸化経路も使用できることを証明した。
The goal of this study was to investigate the characteristics of glioma-initiating cells (GICs) and identify key factors regulating the formation of glioblastoma. Using our syngeneic murine model, we conducted research as follows. 
(1) We established several GIC clones and analyzed their basic properties, such as proliferation, invasion and ability to induce microvascular proliferation. As a result, we found that metabolic characteristics such as glucose consumption and lactic acid production can differ significantly between clones. (2) We analyzed the gene expression profile of our GIC clones and identified factors involved in the regulation of their metabolic characteristics. (3) We performed a functional analysis of the data obtained in (1), (2) and showed that GICs can use not only glycolysis,  but also oxidative phosphorylation during glioblastoma formation.
 
目次

 
キーワード
癌  

遺伝子  

細胞・組織  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24700986
研究分野 : 総合領域
科研費の分科・細目 : 腫瘍学・腫瘍生物学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:15  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:15  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 LONG-RUN FISH ST... (8802) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (1164)
3位 記憶の社会学・序... (1140)
4位 日本における小売... (1130)
5位 アルコール発酵の... (1056)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1177) 1st
2位 Linguistic encod... (900)
3位 アルコール発酵の... (644)
4位 右水晶と左水晶の... (498)
5位 日本における赤痢... (434)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース