慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24656114seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24656114seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.2 MB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 714

Total downloads since Dec 11, 2014 : 714
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 粒子分散系ER流体を用いたタッチパネル上での凹凸呈示  
カナ リュウシ ブンサンケイ ER リュウタイ オ モチイタ タッチ パネルジョウ デノ オウトツ テイジ  
ローマ字 Ryushi bunsankei ER ryutai o mochiita tatchi panerujo deno ototsu teiji  
別タイトル
名前 Tactile bump display suitable for touch panel using electro-rheological fluid  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 竹村, 研治郎  
カナ タケムラ, ケンジロウ  
ローマ字 Takemura, Kenjiro  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90348821
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
スマートフォンやATMなどでタッチパネルが急速に普及している。タッチパネルは表示内容の自由度が高く機器の高機能化に貢献するものの、ユーザへの触感フィードバックがなく、誤操作が問題となっている。このため、本研究では電圧の印加によって可逆的に固液相変化を生じる粒子分散系ER流体を用いて平面上に凹凸感を呈示する装置を開発した。本装置は平面上に配置した電極対の上にER流体を満たし、上部を絶縁フィルムで覆った構造であり、電圧の印加によって15 mm間隔で3×3のマトリクス状に凹凸を呈示できる。ボタン押下を想定した実験の結果、凹凸の呈示によって押下操作の正確度および精度が向上することを示した。
A touch panel is now widely used in smart phones etc. Although it enables the devices to have high functionalities due to the flexibility of user interface design, it lucks tactile feedback to the users which causes wrong operations. Hence, this study developed a tactile bump display, suitable for integration with touch panels, using colloidal ER fluid. The ER fluid is a kind of functional fluid which changes rheological characteristics, even from liquid to solid, by applying DC voltage. The developed tactile display is mainly composed of an electrode board, ER fluid and an insulative film. The electrode board has 3x3 electrode pair matrix with 15 mm intervals. By applying DC voltage to an electrode pair, the ER fluid may become solid state at around the corresponding electrode pair. Then, a user can feel a physical bump when touching the corresponding area via the film. As a result of experiment, the accuracy of button pushing operation is greatly improved with the bump display.
 
目次

 
キーワード
触覚ディスプレイ  

機能性流体  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24656114
研究分野 : 工学
科研費の分科・細目 : 機械工学・設計工学・機械機能要素・トライボロジー
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:09  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1291) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (462)
3位 新自由主義に抗す... (404)
4位 In-vivo kinemati... (315)
5位 石垣島の「エコツ... (280)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (958) 1st
2位 酢酸エステル類の... (599)
3位 文化資本概念の現... (533)
4位 興味が引き起こさ... (511)
5位 インフルエンサー... (479)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース