慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24591461seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24591461seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :252.8 KB
Last updated :Jul 26, 2019
Downloads : 953

Total downloads since Jul 26, 2019 : 953
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル フェントン反応による好中球細胞外捕捉現象制御機構の解明と難治性血管炎治療への応用  
カナ フェントン ハンノウ ニ ヨル コウチュウキュウ サイボウガイ ホソク ゲンショウ セイギョ キコウ ノ カイメイ ト ナンチセイ ケッカンエン チリョウ エノ オウヨウ  
ローマ字 Fenton hanno ni yoru kochukyu saibogai hosoku gensho seigyo kiko no kaimei to nanchisei kekkanen chiryo eno oyo  
別タイトル
名前 Regulation of neutrophil extracellular traps via fenton reaction and its application to the treatment of refractory autoimmune vasculitis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 平橋, 淳一  
カナ ヒラハシ, ジュンイチ  
ローマ字 Hirahashi, Junichi  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70296573

名前 浦野, 泰照  
カナ ウラノ, ヤステル  
ローマ字 Urano, Yasuteru  
所属 東京大学・大学院医学系研究科生体物理医学専攻医用生体工学講座生体情報学分野・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20292956

名前 大久保, 光修  
カナ オオクボ, コウシュウ  
ローマ字 Okubo, Koshu  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60749125

名前 神谷, 真子  
カナ カミヤ, マコ  
ローマ字 Kamiya, Mako  
所属 東京大学・大学院医学系研究科生体物理医学専攻・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90596462

名前 川上, 浩  
カナ カワカミ, ヒロシ  
ローマ字 Kawakami, Hiroshi  
所属 共立女子大学・家政学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90458860
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
好中球細胞外トラップ(NETs)は外来微生物を捕捉して生体を防御する一方, 自己免疫性疾患や炎症性疾患に深く関与する。我々はNETs構成成分である生体内蛋白ラクトフェリンが自らの陽性荷電により陰性荷電を有するNETsを凝集させてその放出を抑制することを見出した。また, ラクトフェリンが自己免疫性血管炎におけるNETs形成を抑制し病態を改善させることからNETs関連疾患を制御する新たな治療法の候補となるものである。
Neutrophil extracellular traps (NETs) are associated with the development of autoimmune and/or inflammatory diseases. We found that lactoferrin translocates from the cytoplasm to the plasma membrane of neutrophils upon stimulation and strongly suppresses NETs without effects on oxygen radicals generation. Exogenous lactoferrin significantly shrunk the chromatin fibers in the released NETs. The results that lactoferrin removed positive charge failed to inhibit NET formation suggested that charge-charge interaction between lactoferrin and NETs are required in the function. Lactoferrin suppressed development of autoimmune small-vessel vasculitis and NETs release into the circulation. These observations suggest that lactoferrin serves as an intrinsic inhibitor of NETs and subsequent DNA release into the circulation. Taken together, our data indicate that lactoferrin may represent a therapeutic lead for controlling NET release in autoimmune and/or inflammatory diseases.
 
目次

 
キーワード
neutrophil  

inflammation  

lactoferrin  

autoimmune  

vasculitis  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24591461
研究分野 : inflammation
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 26, 2019 13:03:40  
作成日
Apr 11, 2016 09:39:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 26, 2019    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース