慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23770066seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23770066seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.3 MB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1565

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1565
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 両生類における新規の副嗅覚系(嗅陥凹上皮)の形態と機能  
カナ リョウセイルイ ニ オケル シンキ ノ フクキュウカクケイ (キュウカン オウ ジョウヒ) ノ ケイタイ ト キノウ  
ローマ字 Ryoseirui ni okeru shinki no fukukyukakukei (kyukan o johi) no keitai to kino  
別タイトル
名前 Fine structure and function of the recessus olfactorius, a sensory epithelium of the accessory olfactory system, in the toad (Bufo japonicus)  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中澤, 英夫  
カナ ナカザワ, ヒデオ  
ローマ字 Nakazawa, Hideo  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30365465
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
カエルの鼻腔には、嗅上皮に隣接して嗅陥凹(recessus olfactorius)と呼ばれる凹みが存在するが組織形態や機能については今まで不明であった。ヒキガエルの嗅陥凹の表面を覆う上皮を電子顕微鏡で観察したところ、感覚細胞には繊毛型と微絨毛型の両方がみられ、鋤鼻器の上皮(鋤鼻上皮)と似ていたが、神経の投射先である副嗅球における糸球体の分布を調べると、嗅陥凹上皮は鋤鼻上皮とは異なる神経投射領域をもっていた。嗅陥凹上皮の臭い刺激に対する応答を膜電位感受性色素を用いた光計測法で記録したところ、アミノ酸やシネオールなどの臭いに対し応答がみられた。
The recessus olfactorius (RO) is a small pouch observed in the antero-lateral olfactory epithelium of anuran amphibians. In Japanese toads the central projection from the epithelium lining RO (ROE) was observed by using fluorescent carbocyanine dye, and it revealed that the neuronal fibers from the ROE did not project to the main olfactory bulb (MOB) but to the accessory olfactory bulb (AOB). The projections from the ROE were found in the anterior region of the AOB and also in the anterior half of the posterior region. In electron microscopy the tissue collected from the ROE was compared with those from the vomeronasal epithelium (VNE) and the olfactory epithelium (OE). The ROE and the VNE contained both ciliated cells and microvillous cells. The odor response of ROE was measured by using voltage sensitive dye (di-8ANEPPS). The ROE showed responses to airborne and waterborne odorants, such as cineole and amino acids.
 
目次

 
キーワード
嗅覚  

鋤鼻器  

両生類  

感覚  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23770066
研究分野 : 生物学
科研費の分科・細目 : 基礎生物学・形態・構造
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:33  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース