慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_21350096seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_21350096seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :338.4 KB
Last updated :Oct 30, 2013
Downloads : 869

Total downloads since Oct 30, 2013 : 869
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 構造情報と機能・配列相関の統合による酵素機能の改変  
カナ コウゾウ ジョウホウ ト キノウ・ハイレツ ソウカン ノ トウゴウ ニ ヨル コウソ キノウ ノ カイヘン  
ローマ字 Kozo joho to kino hairetsu sokan no togo ni yoru koso kino no kaihen  
別タイトル
名前 Modification of enzyme functions by integration of conformational information and function and sequence  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 宮本, 憲二  
カナ ミヤモト, ケンジ  
ローマ字 Miyamoto, Kenji  
所属 慶應義塾大学理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60360111
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2013  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2012  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究課題では、研究代表者が見いだした極めて新規性の高いアリールマロン酸脱炭酸酵素をモデル酵素として用いた。そして、構造情報と性質の異なる多数の酵素の配列情報を対応づけることで、今まで不明な点が多かった構造と機能の関連性の全容解明を目的とした。そして、高精度での酵素機能の分子進化手法の開発や、従来最も困難とされていた活性向上などの機能改変を達成した。
 
目次

 
キーワード
アリールマロン酸脱炭酸酵素  

ラセマーゼ  

機能改変  

活性向上  

立体構造  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)
研究期間 : 2009~2012
課題番号 : 21350096
研究分野 : 化学
科研費の分科・細目 : 複合化学・生体関連化学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 30, 2013 09:00:00  
作成日
Oct 30, 2013 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2012年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (510) 1st
2位 実践的推論の合理... (437)
3位 新自由主義に抗す... (425)
4位 統治の思想と実務... (325)
5位 攻撃衝動の体系的... (314)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1557) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (742)
4位 アセトアニリドの... (507)
5位 楽天とアマゾンの... (397)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース