慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_20310060seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_20310060seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :373.2 KB
Last updated :Oct 17, 2012
Downloads : 711

Total downloads since Oct 17, 2012 : 711
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 自己集積型有機ラジカルの化学修飾による高次元スピンネットワークの構築  
カナ ジコ シュウセキガタ ユウキ ラジカル ノ カガク シュウショク ニ ヨル コウジゲン スピン ネットワーク ノ コウチク  
ローマ字 Jiko shusekigata yuki rajikaru no kagaku shushoku ni yoru kojigen supin nettowaku no kochiku  
別タイトル
名前 Construction of spin network by chemical modification of organic radical self-assemblies  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 吉岡, 直樹  
カナ ヨシオカ, ナオキ  
ローマ字 Yoshioka, Naoki  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30222392
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2012  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2011  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
磁性は、長い間金属、金属酸化物など無機物に特有な特性と考えられてきた。強磁性などのバルク磁性は、結晶構造と密接に関係するので、有機分子で実現するには、有機ラジカルなどの開殻分子の配列技術を確立する必要がある。本研究では、水素結合を駆動力として安定有機ラジカルを集積する技術をさらに発展させ、分子結晶において3次元的なスピンネットワークを構築することに成功した。
 
目次

 
キーワード
有機ラジカル  

自己組織化  

分子磁性  

構造物性相関  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)
研究期間 : 2008~2011
課題番号 : 20310060
研究分野 : 構造有機化学
科研費の分科・細目 : ナノ材料・ナノバイオサイエンス
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 17, 2012 09:00:00  
作成日
Oct 17, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2011年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (410)
3位 731部隊と細菌戦 ... (238)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (233)
5位 認知文法から考え... (190)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (446) 1st
2位 新参ファンと古参... (431)
3位 日本における美容... (326)
4位 新自由主義に抗す... (299)
5位 インフルエンサー... (257)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース