慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_19K17502seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_19K17502seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :724.3 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 54

Total downloads since May 17, 2022 : 54
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 肝硬変の代謝機能再代償化における自然免疫の可塑性制御機構の解明  
カナ カンコウヘン ノ タイシャ キノウ サイダイショウカ ニ オケル シゼン メンエキ ノ カソセイ セイギョ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Kankōhen no taisha kinō saidaishōka ni okeru shizen men'eki no kasosei seigyo kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Mechanism of the plasticity of innate immunity during metabolic re-compensation in liver cirrhosis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 褚, 柏松  
カナ チョ, ハクショウ  
ローマ字 Chu, Po-sung  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80570689
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
肝硬変は依然として「生命予後」のみならず人類の「生命の質」を脅かし続けている。四塩化炭素肝線維化回復マウスモデルを用いて、骨髄由来単球細胞の自然免疫を担うTLR4が蓄積された細胞外基質の消退に寄与するMMP12の発現増強に必須であることを明らかにし、その過程に腸内細菌、特にErysipelotrichaceae属の存在、FXR拮抗能を有する胆汁酸Tauro-βMCAの低下、MMP誘導能を有する胆汁酸7-oxo-LCAの増加に関連することを突き止めた。また、肝硬変患者の観察研究を用いでAcute-on-chronic肝不全「再発」と「誘因」に関連する臨床表現型の特徴を特定した。
Immune cells are key players in both fibrogenesis and fibrolysis. During carbon tetrachloride-induced liver fibrosis resolution. Significant retardation of liver fibrosis resolution was observed as TLR4-signaling was pharmacologically inhibited in vivo. Single-cell transcriptome analysis revealed the emergence of a Tlr4-expressing myeloid cell cluster with a restorative phenotype during resolution. Metagenomic predictive functional profiling demonstrated enrichment of multiple metabolic pathways linking to the significant increase in the proportion of family Erysipelotrichaceae during resolution. Quantitative dynamics of farnesoid X receptor (FXR)-stimulating secondary bile acids (BAs), namely 7-oxo-lithocholic acids, and inhibitory tauro-β-muricholic acids, were phenotypically correlated with resolution.
In addition, we also clarified that vulnerability to recurrent episodes of acute-on-chronic liver failure  triggered by indeterminate precipitants in patients with liver cirrhosis.
 
目次

 
キーワード
自然免疫  

fibrolysis  

腸内細菌  

胆汁酸  

acute-on-chronic肝不全  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究
研究期間 : 2019~2020
課題番号 : 19K17502
研究分野 : 肝線維化
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:23:35  
作成日
May 17, 2022 13:23:35  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (854) 1st
2位 新自由主義に抗す... (708)
3位 グラウンデッド・... (507)
4位 ドイツのSNS対策... (501)
5位 なぜ日本ユニテリ... (480)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2162) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1572)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース