慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_19740054seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_19740054seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :283.4 KB
Last updated :Jun 3, 2011
Downloads : 559

Total downloads since Jun 3, 2011 : 559
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 相分離の確率平衡系モデルの確率解析  
カナ ソウブンリ ノ カクリツ ヘイコウケイ モデル ノ カクリツ カイセキ  
ローマ字 Sobunri no kakuritsu heikokei moderu no kakuritsu kaiseki  
別タイトル
名前 Stochastic analysis on the phase separating random interface  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 坂川, 博宣  
カナ サカガワ, ヒロノブ  
ローマ字 Sakagawa, Hironobu  
所属 慶應義塾大学・理工学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60348810
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2009  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
例えば0度における水と氷のように二つ以上の異なる相が共存している状況では, その異なる相を分離する境界面, いわゆる界面が観測される. 本研究ではそのような界面を表す微視的なレベルでの平衡状態におけるモデルとして∇φ界面モデルと呼ばれる確率モデルを取り上げ, 主として壁と相互作用する界面の漸近挙動に関して調べた. 特に, 以前に発見的な議論で得られていた結果の数学的に厳密な証明およびそれらの精密化を行った.
 
目次

 
キーワード
相転移  

相分離界面  

Gibbs測度  

エントロピー的反発  

相関長  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)

研究期間 : 2007~2009

課題番号 : 19740054

研究分野 : 確率論

科研費の分科・細目 :  数学・数学一般(含確率論・統計数学)
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 03, 2011 09:00:00  
作成日
Jun 03, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2009年度 / 文部科学省
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (510) 1st
2位 実践的推論の合理... (437)
3位 新自由主義に抗す... (425)
4位 統治の思想と実務... (325)
5位 攻撃衝動の体系的... (314)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1557) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (742)
4位 アセトアニリドの... (507)
5位 楽天とアマゾンの... (397)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース