慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K09272seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K09272seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :244.6 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 29

Total downloads since May 17, 2022 : 29
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 妊孕性回復を目指した子宮体癌細胞のリプログラミング研究  
カナ ニンヨウセイ カイフク オ メザシタ シキュウタイガン サイボウ ノ リプログラミング ケンキュウ  
ローマ字 Nin'yōsei kaifuku o mezashita shikyūtaigan saibō no ripuroguramingu kenkyū  
別タイトル
名前 Reprogramming study of endometrial cancer cells for restoring fertility  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 矢野倉, 恵  
カナ ヤノクラ, メグミ  
ローマ字 Yanokura, Megumi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20433732
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
これまでの臨床的知見から子宮体癌担癌状態では着床が成立しないことが知られている。そこで、子宮体癌由来細胞株よりリプログラミング細胞を作製し、DNAのメチル化および着床能変化を解析することで子宮体癌における着床阻止メカニズムの探索を目的とした。
作製された(Reprogrammed-Cancer cells, RC細胞)は未分化マーカーの発現上昇や、in vitro着床試験による着床能の亢進が認められた。また、DNAメチル化アレイ解析から親株とRC細胞間で4.2% (31,511/747,192) のCpGに有意なメチル化率の差が認められた(p<0.05, |β|>0.25)。
Clinical observations have confirmed that implantation does not occur in patients with endometrial cancer. The mechanism of acquisition of phenotypes characteristic of cancer cells can be examined by identifying epigenomic changes during reprogramming. Therefore, we first produced reprogrammed cancer (RC) cells from human endometrial cancer cell lines. DNA methylation and changes in gene expression and implantation capacity in these cells were then examined to explore the mechanism of inhibition of implantation in endometrial cancer.
Upregulation of undifferentiated markers and decreased cell proliferation were observed in the RC cells. The in vitro implantation test showed significantly increased implantation capacity in RC cells compared with parent cell lines (p<0.05). DNA methylation array analysis showed significant differences in methylation (31,511/747,192, 4.2%) in parent and RC cells (p<0.05, |β|>0.25). A calcium signaling pathway was identified by KEGG enrichment analysis.
 
目次

 
キーワード
子宮体癌  

リプログラミング  

着床阻害  

カルシウムシグナルパスウェイ  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K09272
研究分野 : 婦人科腫瘍学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:23:32  
作成日
May 17, 2022 13:23:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (609) 1st
2位 実践的推論の合理... (449)
3位 新自由主義に抗す... (444)
4位 統治の思想と実務... (395)
5位 Brain Tech guide... (316)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1163) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (846)
3位 独ソ不可侵条約と... (775)
4位 アセトアニリドの... (602)
5位 インフルエンサー... (390)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース