慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K08250seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K08250seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :332.4 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 64

Total downloads since May 17, 2022 : 64
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 新規転写共役因子LSD1のMR活性制御及び食塩感受性高血圧発症における意義の解明  
カナ シンキ テンシャ キョウヤク インシ LSD1 ノ MR カッセイ セイギョ オヨビ ショクエン カンジュセイ コウケツアツ ハッショウ ニ オケル イギ ノ カイメイ  
ローマ字 Shinki tensha kyōyaku inshi LSD1 no MR kassei seigyo oyobi shokuen kanjusei kōketsuatsu hasshō ni okeru igi no kaimei  
別タイトル
名前 Regulation of MR activity by a novel transcriptional coactivator, LSD1, and its significance in the development of salt-sensitive hypertension  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小林, 佐紀子  
カナ コバヤシ, サキコ  
ローマ字 Kobayashi, Sakiko  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・特任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80383727
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
アルドステロンの短期投与実験で、腎尿細管特異的LSD1ノックアウトマウス(KspLSD1-KO)はENaCαの発現上昇の程度がコントロールマウスに比して有意に強く、アルドステロン感受性の亢進が示唆された。16週齢から42週齢までの長期の高食塩負荷ではKspLSD1-KOではコントロールマウスに比べて有意な血圧上昇が認められ、MR拮抗薬(スピロノラクトン)投与により消失した。両群で強い線維化が認められたがスピロノラクトン投与により通常食と同程度まで抑制された。KspLSD1-KOでは線維化が強い傾向があり、アルドステロン感受性の亢進が示唆された。
In short-term aldosterone administration experiments, renal tubule-specific LSD1 knockout mice (KspLSD1-KO) showed a significantly stronger increase in the expression of ENaCα than control mice, suggesting increased aldosterone sensitivity. KspLSD1-KO mice showed a significant increase in blood pressure compared to control mice, which disappeared after administration of MR antagonist (spironolactone). Strong fibrosis was observed in both groups, but was suppressed by spironolactone to the same extent as in the normal diet; there was a strong tendency toward fibrosis in KspLSD1-KO, suggesting increased aldosterone sensitivity.
 
目次

 
キーワード
食塩感受性高血圧  

MR  

転写共役因子  

LSD1  

高血圧  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K08250
研究分野 : 内分泌内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:24  
作成日
May 17, 2022 13:20:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (854) 1st
2位 新自由主義に抗す... (708)
3位 グラウンデッド・... (507)
4位 ドイツのSNS対策... (501)
5位 なぜ日本ユニテリ... (480)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2162) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1572)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース