慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18H03867seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18H03867seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :689.0 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 238

Total downloads since May 17, 2022 : 238
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 音波を用いたスピン流の高効率生成と伝導制御に関する研究  
カナ オンパ オ モチイタ スピンリュウ ノ コウコウリツ セイセイ ト デンドウ セイギョ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Onpa o mochiita supinryū no kōkōritsu seisei to dendō seigyo ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Study on efficient generation of spin current using macroscopic angular momentum  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 能崎, 幸雄  
カナ ノザキ, ユキオ  
ローマ字 Nozaki, Yukio  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30304760

名前 前川, 禎通  
カナ マエカワ, サダミチ  
ローマ字 Maekawa, Sadamichi  
所属 国立研究開発法人理化学研究所・創発物性科学研究センター・上級研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60005973

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
磁気を持たないありふれた金属である銅に音波を注入すると、結晶格子が毎秒10億回以上回転し、磁気の流れ(スピン流)が発生する。本研究では、音波に含まれる1兆分の1メートルオーダーの格子回転と交流スピン流を検出することに成功し、スピン流生成の微視的機構を決定することにより、スピン流生成効率が大きな材料を明らかにした。さらに、音波による直流スピン起電力生成と、電流渦による直流スピン流生成にも成功した。
Spin current, i.e. a flow of magnetization, can be generated in nonmagnetic Cu by applying an acoustic wave which consists of nonuniform rotation of atomic lattice with a frequency of gigahertz order. In this study, we have succeeded to measure not only a picometer order amplitude of lattice rotation but also an amplitude of acoustically generated alternating spin current which helps us to understand the microscopic mechanism of the spin current generation. From these experimental and theoretical studies, we have clarified which material is appropriate for the acoustic generation of spin current. Moreover, we have succeeded to generate both direct spin motive force and direct spin current from a lattice rotation in an acoustic wave and a vorticity of electric current, respectively.
 
目次

 
キーワード
スピン流  

表面弾性波  

スピン起電力  

スピン渦度結合  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (A) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18H03867
研究分野 : 磁性物理学、スピントロニクス
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:37  
作成日
May 17, 2022 13:20:37  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1631) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (745)
3位 Bidet toilet use... (533)
4位 731部隊と細菌戦 ... (485)
5位 新自由主義に抗す... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1065) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 興味が引き起こさ... (437)
4位 石垣島の「エコツ... (435)
5位 酢酸エステル類の... (418)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース