慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K18669seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K18669seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :756.0 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 179

Total downloads since May 17, 2022 : 179
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 教育脳の脳神経学的・行動遺伝学的研究  
カナ キョウイク ノウ ノ ノウ シンケイガクテキ・コウドウ イデンガクテキ ケンキュウ  
ローマ字 Kyōiku nō no nō shinkeigakuteki kōdō idengakuteki kenkyū  
別タイトル
名前 Neruscientific and behavioral genetic study of education brain  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 安藤, 寿康  
カナ アンドウ, ジュコウ  
ローマ字 Ando, Juko  
所属 慶應義塾大学・文学部 (三田) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30193105
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は教育学を生物学に位置づけ、「進化教育学」という新たな分野を開拓することを目指し、「教育学習」というヒトに顕著な学習様式が、ヒト以外の動物も行なう「個体学習」や「観察学習」とは異なる独特な脳活動によることを、fMRIによる実験課題によって示すことを目的とし、指運動学習を自分のペースで行う「個体学習」、見本を観察して行う「観察学習」、教師が指導する「教育学習」の三学習条件で実施し、脳活動の差異を検討した。個体学習ではさまざまな部位が活動しており、個人個人が自分の仕方で学習している様子がうかがえたのに対し、観察学習や教育学習では心の理論に関与する部位の活動が高くなっていた。
"Educational learning" is a remarkable learning style for humans. This research positions pedagogy as biology and, in order to open up a new field called "evolutionary science of education", aims to show that "educational learning" is due to a unique brain activity that is different from "individual learning" and "observation learning" by an experimental task using fMRI. In "individual learning" condition, finger movement learning is performed at participants' own pace, and in "observational learning" condition, a demonstration of finger movement was observed and imitated. In individual learning, various parts are active, and it can be seen that individuals are learning in their own way, whereas in observational learning and educational learning, the brain activity related to theory of mind (ToM) was high.
 
目次

 
キーワード
教育学習  

個体学習  

観察学習  

脳神経活動  

fMRI  

運動学習  

教育脳  

心の理論  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究 (萌芽)
研究期間 : 2017~2020
課題番号 : 17K18669
研究分野 : 教育心理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:32  
作成日
May 17, 2022 13:20:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース