慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K19367seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K19367seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :213.5 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 491

Total downloads since Nov 12, 2018 : 491
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 腸管自然リンパ球における腸管特異性規定遺伝子の役割  
カナ チョウカン シゼン リンパキュウ ニ オケル チョウカン トクイセイ キテイ イデンシ ノ ヤクワリ  
ローマ字 Chōkan shizen rinpakyū ni okeru chōkan tokuisei kitei idenshi no yakuwari  
別タイトル
名前 The role of Nr4a3 on intestinal homeostasis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐伯, 恵太  
カナ サエキ, ケイタ  
ローマ字 Saeki, Keita  
所属 慶應義塾大学・医学部・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80528729

名前 吉村, 昭彦  
カナ ヨシムラ, アキヒコ  
ローマ字 Yoshimura, Akihiko  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90182815
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
当研究ではNr4a3分子に着目しその腸管恒常性制御につき検討した。ヒトNr4a3遺伝子はヒルシュスプルング病の病因未同定領域である9q31領域に存在し, Nr4a3欠損マウスはヒルシュスプルング病類似疾患様の病態をとり, 腸管神経叢が低形成になることが判明した。さらに, Nr4a3欠損マウスは急性腸炎抵抗性であり, 一部のセロトニン受容体作動薬によりその差が解消され, 消化管神経叢と急性腸炎の新たな制御メカニズムを見出すことに成功した。当研究は過去に報告を見ない消化管神経節形成を介した急性炎症制御メカニズムに迫り, 新たな診断ならびに治療応用への突破口になるものと思われる。
We focused on Nr4a3 orphan receptor and how it regulates intestinal homeostasis. Human Nr4a3 gene is located on chromosome 9q31.1 region where the unidentified causative gene of Hirschsprung disease is. In absence of Nr4a3 in mice, the colon has hypoplastic ganglia in its myenteron and wriggles more slowly than wild type. Furthermore, Nr4a3-deficient mice are resistant to dextran sodium sulfate induced acute colitis. This resistance is partially cancelled by giving 5-HT1A agonist and calcitonin gene related peptide seems to be a key regulator for this. Our findings demonstrate novel mechanism of neuro-gut axis in gut motility and inflammation and make a breakthrough in the diagnosis of HSCR subtypes and therapy for novel intestinal inflammatory diseases.
 
目次

 
キーワード
カルシトニン関連ペプチド  

セロトニン  

大腸炎  

ヒルシュスプルング病  

核内オーファン受容体  

腸管神経叢  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K19367
研究分野 : 医歯 薬学 内科系臨床医学 消化器内科学 8202
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:03  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース