慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K10224seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K10224seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :375.5 KB
Last updated :Nov 4, 2022
Downloads : 613

Total downloads since Nov 4, 2022 : 613
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 母と娘の脳は似ている? : うつ病における女性優位な世代間効果の生物学的基盤の検出  
カナ ハハ ト ムスメ ノ ノウ ワ ニテ イル? : ウツビョウ ニ オケル ジョセイ ユウイナ セダイカン コウカ ノ セイブツガクテキ キバン ノ ケンシュツ  
ローマ字 Haha to musume no nō wa nite iru? : utsubyō ni okeru josei yūina sedaikan kōka no seibutsugakuteki kiban no kenshutsu  
別タイトル
名前 Intergenerational transmission patterns of depression risk from mother to daughter in the structure of the default mode network  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山縣, 文  
カナ ヤマガタ, ブン  
ローマ字 Yamagata, Bun  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30439476

名前 三村, 將  
カナ ミムラ, マサル  
ローマ字 Mimura, Masaru  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00190728

名前 岩波, 明  
カナ イワナミ, アキラ  
ローマ字 Iwanami, Akira  
所属 昭和大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80276518
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は、計34家族、78名の被験者から頭部MRIデータを取得した。具体的はうつ病既往のある寛解状態の両親とその健康な子供をリクルート し、11の母娘ペア、12の母息子ペア、11の父娘ペア、10の父息子ペアの4つの性別の異なる親子ペアに分別をした。まず、それぞれの親子ペア内で灰白質の体積の相関を行い、default mode network (DMN)とcentral executive network (CEN)内に位置する前部帯状回、後部帯状回、中前頭回、上頭頂小葉、角 回、中側頭回にて、母と娘のペアにおいて有意な正の相関をみとめた。しかし、他の親子ペアでは体積の相関は一切認めなかった。
Parents have significant genetic and environmental influences, which are known as intergenerational effects, on the cognition, behavior, and brain of their offspring. The main purpose of our study was to investigate female-specific intergenerational transmission patterns in the human brain in patients with depression. We recruited 78 participants from 34 families, which included remitted parents with a history of depression and their healthy biological offspring who were at high risk of developing depression. Using independent component analysis, we found a significant positive correlation of gray matter between exclusively the mother-daughter dyads within brain regions located in the default mode and central executive networks. The current study provides novel biological evidence for greater vulnerability of daughters, but not sons, in developing depression whose mothers have a history of depression.
 
目次

 
キーワード
世代間伝達  

うつ病  

親子研究  

脳画像研究  

default mode network  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2020
課題番号 : 16K10224
研究分野 : うつ病の脳画像研究
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 04, 2022 10:26:35  
作成日
May 17, 2022 13:20:26  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
Nov 4, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (466) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (355)
3位 慶應義塾図書館史... (333)
4位 M&Aにおける... (318)
5位 認知文法から考え... (312)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 医療用呼吸温湿度... (723) 1st
2位 A study on the s... (391)
3位 新参ファンと古参... (340)
4位 非上場株式の評価... (258)
5位 新自由主義に抗す... (245)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース