慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K09325seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K09325seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :185.6 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 74

Total downloads since Oct 31, 2019 : 74
 
タイトル
タイトル 遺伝子ネットワーク摂動による人工的な転移性大腸癌の作製  
カナ イデンシ ネットワーク セツドウ ニ ヨル ジンコウテキナ テンイセイ ダイチョウガン ノ サクセイ  
ローマ字 Idenshi nettowāku setsudō ni yoru jinkōtekina ten'isei daichōgan no sakusei  
別タイトル
名前 Generation of artificial colorectal cancer by gene network perturbation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 股野, 麻未  
カナ マタノ, マミ  
ローマ字 Matano, Mami  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20439889

名前 佐藤, 俊朗  
カナ サトウ, トシロウ  
ローマ字 Satō, Toshirō  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70365245
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
正常大腸上皮より浸潤・転移をきたす悪性度の高い大腸癌の形成過程は未だ明らかになっていない。我々の作成した遺伝子改変正常大腸上皮オルガノイドもその再現には至らなかったため、本研究ではエピジェネティクスな変化の関与を想定し、転写因子群を同定することを目的とした。
具体的には我々が保有する大腸癌のデータベースより転写因子を抽出、過剰発現ベクターを作成、遺伝子改変正常大腸上皮オルガノイドに導入し、マウスでの肝転移形成の有無につき評価を行った。結果的にはいずれの転写因子の組み合わせでも肝転移は認められず、今後更なる検討が必要であると考えられた。
The factors contributing in the malignant transformation process of normal colon epithelium are still unknown. The genetically-engineered normal colon organoids in our laboratory did not develop into a colorectal cancer, suggesting the involvement of additional factors. We assumed the involvement of the epigenetic changes and aimed to identify the transcription factors. To identify the transcription factors, we extracted the transcription factors using our database of colorectal cancer organoids, and constructed the overexpression vectors. We introduced them into genetically-engineered normal colon organoids and transplanted to mice to evaluate the presence of liver metastasis. Consequently, no liver metastasis were observed with any combination of transcription factors, and we concluded that further study is required.
 
目次

 
キーワード
大腸癌  

オルガノイド  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K09325
研究分野 : 消化器内科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:17:20  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 著者ID,著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース