慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16H05490seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16H05490seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :560.0 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 208

Total downloads since Oct 31, 2019 : 208
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル リンパ球ホーミングをターゲットとしたサル小腸移植免疫抑制プロトコールの最適化  
カナ リンパキュウ ホーミング オ ターゲット ト シタ サル ショウチョウ イショク メンエキ ヨクセイ プロトコール ノ サイテキカ  
ローマ字 Rinpakyū hōmingu o tāgetto to shita saru shōchō ishoku men'eki yokusei purotokōru no saitekika  
別タイトル
名前 Optimal immunosuppressive protocol targeting lymphocyte homing for intestinal transplant utilizing non-human primates  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 星野, 健  
カナ ホシノ, ケン  
ローマ字 Hoshino, Ken  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・特任准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70190197

名前 山田, 洋平  
カナ ヤマダ, ヨウヘイ  
ローマ字 Yamada, Yōhei  
所属 慶應義塾大学・医学部 ・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60383816

名前 木須, 伊織  
カナ キス, イオリ  
ローマ字 Kisu, Iori  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 石垣, 宏仁  
カナ イシガキ, ヒロヒト  
ローマ字 Ishigaki, Hirohito  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
MHCミスマッチのカニクイザルを用いた小腸移植モデルを確立し、そのグラフト機能および免疫機能を解析した。従来のタクロリムスとステロイドによる平均Rejection Free Survivalは23.3日であった。拒絶反応によるアロ反応性をELISPOTと抗ドナー抗体の出現で観察した。拒絶片におけるMadcam-1の発現やα4β7integrin陽性のリンパ球浸潤を免疫染色にて確認した。さらには、ドナー細胞の存続と拒絶反応の間の相関があることが示唆された。今後、新規免疫抑制剤Anti-α4β7integrinの効果を判定するモデルが確立された。
In this study, nonhuman primate-model of small bowel transplantation has been established and immunological monitoring for CD4 helper T cells in peripheral blood and immunohistochemistry for α4β7integrin positive T lymphocytes in the allografts were performed. Average rejection-free survival of small bowel grafts with conventional immunosuppression (consisting of Tacrolimus and steroids) was 23.3 days. Increased anti-donor response was observed in mixed lymphocyte reaction tests, which were measured by ELISPOT assay. In addition, the duration and the extent of peripheral chimerism, which was measured by the percentage of donor lymphocytes among total lymphocytes, was correlated with the rejection-free survival days after transplantation.
 
目次

 
キーワード
小腸移植  

拒絶反応  

免疫抑制剤  

カニクイザル  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16H05490
研究分野 : 臓器移植
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:07:59  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 著者ID,著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (410)
3位 731部隊と細菌戦 ... (238)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (233)
5位 認知文法から考え... (190)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (446) 1st
2位 新参ファンと古参... (431)
3位 日本における美容... (326)
4位 新自由主義に抗す... (299)
5位 インフルエンサー... (257)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース