慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16H05475seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16H05475seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :317.5 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 319

Total downloads since Mar 5, 2021 : 319
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 生殖とエクソソーム : 卵成熟、受精、胚発生、着床におけるクロストーク機構の解明  
カナ セイショク ト エクソソーム : ランセイジュク、ジュセイ、ハイハッセイ、チャクショウ ニ オケル クロストーク キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Seishoku to ekusosōmu : ranseijuku, jusei, haihassei, chakushō ni okeru kurosutōku kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Roles of exosomes in reproductive system  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 浜谷, 敏生  
カナ ハマタニ, トシオ  
ローマ字 Hamatani, Toshio  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60265882

名前 宮戸, 健二  
カナ ミヤド, ケンジ  
ローマ字 Miyado, Kenji  
所属 国立研究開発法人国立成育医療研究センター・細胞医療研究部・室長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60324844

名前 阿久津, 英憲  
カナ アクツ, ヒデノリ  
ローマ字 Akutsu, Hidenori  
所属 国立研究開発法人国立成育医療研究センター・生殖医療研究部・部長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50347225

名前 山田, 満稔  
カナ ヤマダ, ミツトシ  
ローマ字 Yamada, Mitsutoshi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40383864

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
マウス子宮内膜上皮細胞 (EEC) では、CD9が発情期と発情間期は基底膜側に局在し、着床期では子宮内腔側に局在し胚の着床部位に一致した。CD9欠損マウスのECCでは発情期に微絨毛が短小化し、ミトコンドリア数は有意に減少した。ECCにおけるCD9の再配置と細胞外分泌がECC膜構造に影響し、内膜の着床能を制御すると考えられた。
ヒト胚盤胞培養後培養液中のエクソソームに含まれるmiRNAについて患者同意のもと解析した。胚から分泌される8つのmiRNAを見出し、ロジスティック回帰モデル (5-fold Cross Validationで平均 Accuracy0.82) により胚の妊娠率予測が可能であった。
Tetraspanin membrane protein CD9 was localized predominantly on the basal region of uterine epithelial cells at estrus-stage mice, but relocated to the apical region upon embryo implantation. Extracellular CD9 was most detected in uterine cavity at the estrus stage. In uterine epithelial cells lacking Cd9 genes, membrane projections were shortened and the number of mitochondria was reduced. CD9 repositioning and release may affect both membrane structures and mitochondrial state in the uterus, and contribute to female fertility.
miRNAs secreted via exosome from human blastocysts were profiled using RNA-seq and qRT-PCR. The spent medium in which a good-qualty blastocyst was harvested was analyzed. Some of miRNAs were significantly highly expressed in the spent media derived from blastocysts which resulted in implantation failure, compared to those in pregnancy. The embryo selection based on the detection of the specific miRNAs in spent medium may improve the pregnancy rate. 
 
目次

 
キーワード
CD9  

子宮内膜  

胚  

細胞外分泌顆粒  

エクソソーム  

miRNA  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2016~2019
課題番号 : 16H05475
研究分野 : 生殖医療
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:11  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース