慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15H02355seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15H02355seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :256.4 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 123

Total downloads since Oct 31, 2019 : 123
 
タイトル
タイトル 大脳皮質層形成のメカニズム  
カナ ダイノウ ヒシツソウ ケイセイ ノ メカニズム  
ローマ字 Dainō hishitsusō keisei no mekanizumu  
別タイトル
名前 Mechanisms of layer formation in the cerebral cortex  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 仲嶋, 一範  
カナ ナカジマ, カズノリ  
ローマ字 Nakajima, Kazunori  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90280734
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
大脳皮質の興奮性神経細胞は脳室面近くで産生されたのち放射状に移動し、脳表面に平行な多層構造を作る。この層構造は、移動終点にある細胞から分泌されるリーリン分子が欠損すると全体として逆転するが、リーリンの作用機序はよくわかっていなかった。本研究では、リーリンが神経細胞に直接作用して、N-カドヘリン依存的な相互接着を一過的に促進することを見出し、確かに正常脳では脳表面直下に細胞が縦に並んだクラスターが形成されることを示した。
In the developing cerebral cortex, excitatory neurons are generated near the ventricle and migrate radially to form a layered structure near the brain surface. Reelin, which is secreted near the brain surface, is essential for this layer formation, because Reelin deficiency causes almost inverted layering. However, Reelin function on migrating neurons is not fully understood. In this study, we found that Reelin directly promotes N-cadherin-dependent adhesion among neurons transiently. Indeed, we observed clusters of immature neurons near the surface of normal cortices.
 
目次

 
キーワード
大脳皮質  

発生・分化  

層構造  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (A) (一般)
研究期間 : 2015~2018
課題番号 : 15H02355 
研究分野 : 発生神経生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:01:00  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース