慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10030060-20091218-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
PDF¥AN10030060-20091218-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :834.0 KB
Last updated :Apr 13, 2010
Downloads : 2983

Total downloads since Apr 13, 2010 : 2983
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「騎士の話」における自然と偶然  
カナ キシ ノ ハナシ ニ オケル シゼン ト グウゼン  
ローマ字 kishi no hanashi ni okeru shizen to guzen  
別タイトル
名前 Nature and Chance in "The Knight's Tale"  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 浅川, 順子  
カナ アサカワ, ジュンコ  
ローマ字 Asakawa, Junko  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2009  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 英語英米文学  
翻訳 The Hiyoshi review of English studies  
 
55  
2009  
 
開始ページ 1  
終了ページ 13  
ISSN
09117180  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Chaucer believed, as Dante did, that God’s will was shown through Nature. In “The Knight’s Tale” he dramatizes astral influences on human beings. It is Phoebus that leads Emelye to the garden to “walketh up and doun”(I. 1052 ), which starts the story of love and war. Phoebus also guides Arcite to the forest where he meets Palamon and fights with him. The characters in “The Knight’s Tale” rarely express their own will. Instead, they are conscious and accept that the seven planets control their fate: Arcite attributes his captivity to Saturnus. Astrological determinism implied in “The Knight’s Tale”, however, is limited by the existence of chance: In Chaucer’s tale the fatal reunion of Arcite and Palamon was realized by chance. Chance is a topic discussed in relation to nature and determinism.
For Aristotle, chance is an event which is not intended by any nature. Avicenna, an interpreter of Aristotelian philosophy, believed that there was no room for chance and the free will of man in the physical world. On the other hand, Thomas Aquinas regarded the indeterminism of chance as a spice of nature. Chaucer apparently follows Thomas to suggest a possibility for earthly beings to escape all-embracing determinism and partly break natural causality. Most events of “The Knight’s Tale” happen in the grove which birds and animals inhabit surrounded by various trees. Chaucer gives detailed description of earthly life in order to define human beings as a part of it. Palamon complains that while animals can fulfill their lusts human beings must abstain from them and have pain even beyond the grave. The narrator confesses he does not know where the spirit of Arcite will go. These philosophical problems are raised and left to be considered by Chaucer’s audience.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 09, 2010 09:00:00  
作成日
Apr 09, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 英語英米文学 / 55 (2009)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (462) 1st
2位 新自由主義に抗す... (412)
3位 実践的推論の合理... (365)
4位 ドイツのSNS対策... (338)
5位 攻撃衝動の体系的... (334)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1419) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (646)
4位 ドイツのSNS対策... (598)
5位 アセトアニリドの... (470)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース