慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10030060-20040930-0021  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10030060-20040930-0021.pdf
Type :application/pdf Download
Size :351.8 KB
Last updated :Apr 27, 2007
Downloads : 1834

Total downloads since Apr 27, 2007 : 1834
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 抵抗する手紙 : "No telephone to heaven, Lucy, the God of small things"にみる母への応答(不)可能性  
カナ テイコウスル テガミ : No telephone to heaven Lucy the God of small things ニ ミル ハハ エノ オウトウ フ カノウセイ  
ローマ字 Teikosuru tegami : No telephone to heaven Lucy the God of small things ni miru haha eno oto fu kanosei  
別タイトル
名前 Writing back to the letter : dis/connections with the motherlands in "No telephone to heaven, Lucy, and the God of small things"  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 深瀬, 有希子  
カナ フカセ, ユキコ  
ローマ字 Fukase, Yukiko  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy)  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 英語英米文学  
翻訳  
 
45  
2004  
 
開始ページ 21  
終了ページ 34  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
104502  
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
For the post-colonial writers who explore the life of people in diaspora, the concept of “the mother” is significant because, as Simone A. James Alexander argues, it “is the cord that (dis)unites the motherland and the mother country.” While “mother countries” signify Western colonial rulers such as England, France, and the United States, “motherlands” include the colonized countries such as India, the Caribbean, and Africa. In addition to the geographical and political senses, “the mother” also means a biological or surrogate figure in the homeland. Alexander further claims that the nurturing figure can be “other,” in other words, “an enemy to her daughter, particularly when she appears to advocate colonial habits and mannerisms.” Actually, while the post-colonial writers expose mother-daughter relationships which are negatively affected by the colonial rule, they also create subversive figures who challenge the legacy of colonialism. Examinations of how the female protagonist Clare in Michelle Cliff’s No Telephone to Heaven (1987) and Lucy in Jamaica Kincaid’s Lucy (1990) receive the letters from their mothers, and how they respond to them will show psychological dis/connections with their mothers and motherlands. Moreover, by comparing the descriptions of the letters exchanged between a male character Chacko and his mother in Arundhati Roy’s The God of Small Things (1997) with those appeared in the other two novels, it will be clear that the gender difference plays a significant role in the construction of the characters’ relationship with their mothers and motherlands.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 23, 2024 01:02:49  
作成日
Apr 27, 2007 12:43:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 英語英米文学 / 45 (2004)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (405) 1st
2位 文化資本概念の現... (390)
3位 Spatial animacy ... (367)
4位 新自由主義に抗す... (343)
5位 ガールクラッシュ... (318)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (715) 1st
2位 酢酸エステル類の... (654)
3位 インフルエンサー... (561)
4位 診療上の医師の注... (476)
5位 学生の勉強方法に... (403)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース