慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20070101-0179  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20070101-0179.pdf
Type :application/pdf Download
Size :718.3 KB
Last updated :Nov 16, 2021
Downloads : 1137

Total downloads since Nov 16, 2021 : 1137
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 咸錫憲と池明観の宗教哲学にみる社会史的認識論  
カナ ハン ソクホン ト チ ミョングァン ノ シュウキョウ テツガク ニ ミル シャカイシテキ ニンシキロン  
ローマ字 Han Sokuhon to Chi Myonguan no shukyo tetsugaku ni miru shakaishiteki ninshikiron  
別タイトル
名前 Philosophy of religeon and epistemology of social history in case of Ham Sok Hon and Chi Myong Kwan  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松村, 高夫  
カナ マツムラ, タカオ  
ローマ字 Matsumura, Takao  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2007  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Keio journal of economics  
99  
4  
2007  
1  
開始ページ 785(179)  
終了ページ 808(202)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/001.20070101-0179
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
韓国の宗教家である咸錫憲と池明観の思想を追跡・分析することにより, 1)民衆(シアル)の思想と2)諸領域の全体性の回復を求めるという二つの社会史的認識論の特徴が, 両氏の思想の根底にあることを明らかにし, つづいてその認識論が戦前日本の植民地支配にたいする抵抗運動, および戦後韓国の軍事政権に対する民主化運動という現実の社会運動に彼等自身が参加するなかで形成されてきたこと, すなわち, 社会史的認識論は机上の抽象的歴史論ではなく, 現実の抵抗運動・社会運動のなかでダイナミックに形成され, それが運動に影響をあたえるという相互関連にあることを明らかにする。
By tracking and analyzing the ideas of Korea's religionists, Ham Sok Hon and Chi Myong Kwan, this study has found that two social historic epistemology features can be found at the root of their ideas: 1) Ideas of the People (Sial) and 2) The plea for restoration of the wholeness of the various territories. 
Next, this epistemology would be formed by their participation in actual social movements such as the resistance movements against prewar Japanese colonial rule and the movement for democracy against the military administration in postwar Korea. 
Hence, this study shows that social history epistemology is not a pedantic abstract theory of history, but rather a theory dynamically formed inside real resistance and social movements, affecting these movements and forming interactive relationships with them.
 
目次

 
キーワード
咸錫憲  

池明観  

韓国  

歴史認識論  

シアル  
NDC
 
注記
小特集 : 東アジア共同体とヨーロッパ共同体の比較研究
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 16, 2021 15:22:38  
作成日
Aug 01, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 4, 2014    フリーキーワード, 本文 を変更
Jul 2, 2015    抄録, 本文 を変更
Oct 8, 2015    版 を変更
Nov 16, 2021    JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 99 (2006) / 99(4) 200701
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1024) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (447)
3位 新自由主義に抗す... (352)
4位 石垣島の「エコツ... (263)
5位 ガールクラッシュ... (234)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (787) 1st
2位 酢酸エステル類の... (529)
3位 アルコール発酵の... (473)
4位 インフルエンサー... (457)
5位 文化資本概念の現... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース