慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20030701-0063  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20030701-0063.pdf
Type :application/pdf Download
Size :781.7 KB
Last updated :Dec 2, 2021
Downloads : 2898

Total downloads since Dec 2, 2021 : 2898
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 環境法における費用負担 : 環境基本法制定から10年を振り返って  
カナ カンキョウホウ ニ オケル ヒヨウ フタン : カンキョウ キホンホウ セイテイ カラ 10ネン オ フリカエッテ  
ローマ字 Kankyoho ni okeru hiyo futan : kankyo kihonho seitei kara 10nen o furikaette  
別タイトル
名前 Apportionment of the costs in environmental law  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大塚, 直  
カナ オオツカ, タダシ  
ローマ字 Otsuka, Tadashi  
所属 早稲田大学法学部教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2003  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Keio journal of economics  
96  
2  
2003  
7  
開始ページ 201(63)  
終了ページ 225(87)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/001.20030701-0063
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
環境法における費用負担について, 原因者負担原則が公共負担原則よりも優先するものと考えられている。その理由としては, ①環境保全の実効性の確保の観点, ②経済的効率性の観点, ③公平性の観点があげられるが, ①が最も重要な理由であり, ②は特に汚染防止費用について有効な理由であること, ③は多くの場合に最も有力であるが, 同時に警察法, 租税法, 民法の帰責原理を排除するものでないことに留意する必要がある。拡大生産者責任は汚染者負担原則と関連性を有しており, 両者はカラブレイジィの最安価費用回避者の考え方によって統一的に理解できよう。
In the apportionment of the costs in environmental laws, the polluter-pays-principle is considered to override the public-cost sharing principle. 
The reasons are: (1) to secure the effective protection of the environment; (2) to keep economic efficiency; and (3) to achieve overall fairness. Reason (1) is the most important. 
Reason (2) is an especially valid for the costs of pollution. 
Reason (3) is the most influential in most cases, but we should note that it does not preclude the principle of liability found in the Police Law, Tax Law, and Civil Law. 
Extended producer responsibility is related to the polluter-pays-principle, and both concepts can be uniformly understood by the notion of the "cheapest cost avoider" advocated by Professor Calabresi.
 
目次

 
キーワード
原因者負担  

汚染者負担  

受益者負担  

公共負担  

拡大生産者責任  
NDC
 
注記
特集 : 地球温暖化問題への対応および循環型社会の構築
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 02, 2021 15:14:41  
作成日
Apr 22, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 3, 2014    フリーキーワード, 本文 を変更
Jul 17, 2015    抄録, 版, 本文 を変更
Dec 2, 2021    JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 96 (2003) / 96(2) 200307
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (648) 1st
2位 「危険の予見可能... (423)
3位 新自由主義に抗す... (403)
4位 731部隊と細菌戦 ... (399)
5位 ガールクラッシュ... (356)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (968) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (801)
3位 731部隊と細菌戦 ... (758)
4位 酢酸エステル類の... (711)
5位 インフルエンサー... (526)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース