慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000117-0125  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000117-0125.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.5 MB
Last updated :Oct 4, 2010
Downloads : 3290

Total downloads since Oct 4, 2010 : 3290
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 消費される「故郷」の誕生 : 戦後日本のナショナリズムとノスタルジア  
カナ ショウヒ サレル 「コキョウ」 ノ タンジョウ : センゴ ニホン ノ ナショナリズム ト ノスタルジア  
ローマ字 Shohi sareru "kokyo" no tanjo : sengo Nihon no nashonarizumu to nosutarujia  
別タイトル
名前 The birth of consumed "furusato" : nationalism and nostalgia in postwar Japan  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石井, 清輝  
カナ イシイ, キヨテル  
ローマ字 Ishii, Kiyoteru  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2007  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
117  
2007  
3  
開始ページ 125  
終了ページ 156  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In Japan, the value of rural communities changed in the 1960s-1970s. In 1950s, rural communities were negative object. Because, in prewar Japan, rural communities had supported the Emperor system and the fascism in Japan. But in the 1960s-1970s traditional rural communities had gradually praised by its excellent function. First the purpose of this paper is to explain this change. Second is to think about the relationship between nostalgia and nationalism. In order to explain this relationship, I would like to examine how rural communities (and furusato) have been related with tradition in popular song, TV program, discourse of social science and tourism campaign. Now the relationship of nationalism and tradition are theorized by cultural nationalism theory. This perspective argue that tradition strengthen national identity. But this perspective can't recognize the dynamics of traditionalization in high-consumption society. In this paper I try to explain how nostalgia have been related to tradition and how nostalgia have idealized rural communities.
 
目次
1. はじめに 農村表象の変容
2. 先行研究 : ノスタルジアとナショナリズム
3. 流行歌の中のノスタルジア
 (1) 変わらない「故郷」
 (2) ノスタルジアの変質
4. テレビの中の高度成長と「故郷」
 (1) 「変わる」故郷と「変わらない」故郷
 (2) 悪しき「開発」/美しい「伝統」
5. 消えゆく「ムラ」の思想史
 (1) 共同体解体の「理論」
 (2) ユートピアとしての「ムラ」
6. 消費社会におけるノスタルジアとナショナリズム
 (1) 「故郷」を消費する社会の誕生
 (2) ノスタルジアとナショナリズムの消費社会的転回
7. 結論
 
キーワード
 
NDC
 
注記
特集記憶の社会学
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 04, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 04, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 117 (200703)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース