慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000101-0065  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000101-0065.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.0 MB
Last updated :Oct 5, 2010
Downloads : 938

Total downloads since Oct 5, 2010 : 938
 
タイトル
タイトル J.S.ミルの名辞・本質命題・定義について : 'denotation'と'connotation'をめぐるミルの意味論の予備的考察  
カナ J.S. ミル ノ メイジ・ホンシツ メイダイ・テイギ ニ ツイテ : 'denotation' ト 'connotation' オ メグル ミル ノ イミロン ノ ヨビテキ コウサツ  
ローマ字 J. S. Miru no meiji honshitsu meidai teigi ni tsuite : 'denotation' to 'connotation' o meguru Miru no imiron no yobiteki kosatsu  
別タイトル
名前 Names, essential propositions and definitions : denotation and connotation in J.S. Mill's theory of meaning  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山口, まり子  
カナ ヤマグチ, マリコ  
ローマ字 Yamaguchi, Mariko  
所属 慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1997  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
101  
1997  
3  
開始ページ 65  
終了ページ 85  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
J.S. Mill's theory of meaning seems to be opposite to ones which leads us to philosophical solipcism. This can be seen apparently in his statement: 'What does any one's personal knowledge of things amount to, after subtracting all which he has acquired by means of the words of other people?' He insists, 'Names are names of things, not of our ideas of them'. According to him, terms can be devided into two types: nonconnotative names and connotative names. All names (terms) are names of something, i.e. denote something. A connotative term 'connotes', i.e. 'implies' or 'means' an attribute or a set of attributes of the thing denoted by the term, while he says that nonconnotative names have no connotation and therefore no meaning. For Mill, meaning of a term is its connotation, i.e. an attribute or a set of attributes of the thing denoted by the term, something objective, not something mental. I think we can say that Mill's intention in his System of Logic is to depsychologize the theory of meaning, though whether he has succeeded in it is problematic. In this paper, I would like to clarify his theory of meaning, in which 'denotation' and 'connotation' play important roles, and criticise it, sometimes referring to other philosophers like Husserl and Wittgenstein.
 
目次
(1) ミルの名辞論 : 指示(denotation)と含意(connotation)
(2) ミルの本質命題,或いはverbal propositionsと定義について
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 05, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 05, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 101 (199703)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 組織市民行動が成... (9314) 1st
2位 もしも世界がみん... (1356)
3位 人びとはどのよう... (380)
4位 ドイツのSNS対策... (357)
5位 伊藤隆太君学位請... (354)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 組織市民行動が成... (6971) 1st
2位 アセトアニリドの... (1377)
3位 中和滴定と酸塩基... (591)
4位 アルコール発酵の... (505)
5位 Instagram解析に... (432)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース