慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00135710-00580001-0009  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00135710-00580001-0009.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.5 MB
Last updated :Apr 25, 2019
Downloads : 1939

Total downloads since Apr 25, 2019 : 1939
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル バドミントンの試合中の移動についての事例研究 : 大学生女子選手のシングルス・ゲームについて  
カナ バドミントン ノ シアイチュウ ノ イドウ ニ ツイテ ノ ジレイ ケンキュウ : ダイガクセイ ジョシ センシュ ノ シングルス・ゲーム ニ ツイテ  
ローマ字 Badominton no shiaichū no idō ni tsuite no jirei kenkyū : daigakusei joshi senshu no shingurusu gēmu ni tsuite  
別タイトル
名前 Movements during a game of badminton : a case study of a singles game of university women players  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 加藤, 幸司  
カナ カトウ, コウジ  
ローマ字 Katō, Kōji  
所属 慶應義塾大学体育研究所准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Institute of Physical Education, Keiō University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学体育研究所  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク タイイク ケンキュウジョ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku taiiku kenkyūjo  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 体育研究所紀要  
翻訳 Bulletin of the institute of physical education, Keiō university  
58  
1  
2019  
1  
開始ページ 9  
終了ページ 18  
ISSN
02866951  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The purpose of this study is to investigate the characteristics of the movement of the badminton player during the game and to apply the procured data to coaching. Two University girls’ players were analyzed their movements during the singles game using a two-dimensional DLT method (Direct Linear Transformation Method).
The results obtained were as follows.
1. The total movement distances of the two players during the game were 885.2m and 875.1 m, and the total distances during the total work time were 557.4 m and 628.7 m. Furthermore the average distances per work period were 13.9m and 15.7 m respectively. In every work period the average distances of the two players were almost equal.
2. The average speeds were 1.32m/s and 1.53m/s, and the maximum speeds were 4.71m/s and 5.13m/s respectively. The average speeds in each work period were different substantially between both of them. The average speeds at the impact of the shuttle were 1.56m/s and 1.87m/s.
3. Right after the opponent hit the shuttle, the movement speed of the other player declined for a moment. After that the movement speed increased as approaching the shuttle and reaching the peak. Then she hit the shuttle again while decreasing speed.
 
目次

 
キーワード
バドミントン  

移動  

シングルス  

badminton  

movement  

singles  
NDC
 
注記
研究資料
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 25, 2019 10:46:33  
作成日
Apr 25, 2019 10:46:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 25, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 体育研究所 / 体育研究所紀要 / 58(1) (2019)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース