慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN0006957X-00000076-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN0006957X-00000076-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :619.1 KB
Last updated :Sep 8, 2014
Downloads : 10861

Total downloads since Sep 8, 2014 : 10861
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 出身階層と学歴格差 : 階層論的説明の比較  
カナ シュッシン カイソウ ト ガクレキ カクサ : カイソウロンテキ セツメイ ノ ヒカク  
ローマ字 Shusshin kaiso to gakureki kakusa : kaisoronteki setsumei no hikaku  
別タイトル
名前 Parental class and differential school education : a comparison of explanations by class theories  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鹿又, 伸夫  
カナ カノマタ, ノブオ  
ローマ字 Kanomata, Nobuo  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学大学院社会学研究科  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン シャカイガク ケンキュウカ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku daigakuin shakaigaku kenkyuka  
日付
出版年(from:yyyy) 2013  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 : 社会学心理学教育学 : 人間と社会の探究  
翻訳 Studies in sociology, psychology and education : inquiries into humans and societies  
 
76  
2013  
 
開始ページ 1  
終了ページ 28  
ISSN
0912456X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Although numerous empirical studies exist regarding the relationship between parental class and differential school education, a suitable explanation is yet to be established. To this end, this study compares the empirical validity of four influential theories concerning such a relationship in Japan: cultural capital theory, relative risk aversion hypothesis, the Wisconsin model, and tracking hypothesis. The results, utilizing nationally collected data, show the following: (1) both academic grade and ambition/aspiration have a significant effect on divergence of stratified pathways in high school and higher education; (2) parental education and occupation have a minimal effect on both academic grade and ambition/aspiration; (3) in the transition to higher education for males, the pathways in high school have an impact on the pathways in higher education; and (4) in the transition to high school and higher education for females, ambition/aspiration has a direct effect on diverging pathways, albeit with a weak tracking effect. However, since all four theories do not show enough empirical validity, it is apparent that the mediating mechanism between family background and differential school education cannot be simply explained through such class theories.
 
目次

 
キーワード
differential school education  

cultural capital theory  

relative risk aversion hypothesis  

Wisconsin model  

tracking hypothesis  

学歴格差  

文化資本論  

相対的リスク回避説  

ウィスコンシン・モデル  

トラッキング説  
NDC
 
注記
論文
挿表
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 08, 2014 09:12:28  
作成日
Sep 08, 2014 09:12:28  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 社会学研究科 / 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 / 76 (2013)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース