慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA00260492-19860001-0049  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA00260492-19860001-0049.pdf
Type :application/pdf Download
Size :870.4 KB
Last updated :Dec 27, 2009
Downloads : 1217

Total downloads since Dec 27, 2009 : 1217
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル A MACROECONOMIC MODEL WITH THE RATE OF UNEMPLOYMENT AS A RISK PROBABILITY UNDER THE GOVERNMENT BUDGET RESTRAINT  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 浜田, 文雅  
カナ ハマダ, フミマサ  
ローマ字 HAMADA, Fumimasa  
所属 Agricultural Economics, THE KEIO ECONOMIC SOCIETY Keio University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Keio Economic Society, Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 1986  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio economic studies  
翻訳  
23  
1  
1986  
 
開始ページ 49  
終了ページ 62  
ISSN
00229709  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper attempts to analyse the effectiveness of government fiscal policies through the bond financing when an economy's growth rate is slowing down. Firstly, by introducing the rate of unemployment, defined as a risk probability that consumers and firms bear in their decision making into a macroeconomic model under a government budget restraint, the performances of transitory equilibra are analysed, and it is found that the higher is the rate of unemployment, the smaller are the impact multipliers of governament expenditure. Secondly, making a dynamic analysis with this model, it is shown that the smaller is the government deficit, near a transitory equilibrium, the higher is the likelihood that the conditions for dynamic stability of an economy will be satisfied. Finally, it is shown that an increase in government expenditures through bond financing will result in a larger government deficit and a rise in interest rates, in an economy which has already suffered from a large deficit. A purpose of this study is to give a theoretical basis to a macroeconomic analysis of the Postwar Japan, published in Hamada (1984). This is an extension of Hamada and Shiozawa (1894).
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 18, 2009 09:00:00  
作成日
Dec 18, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / Keio economic studies / 23(1) 1986
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (641) 1st
2位 新自由主義に抗す... (398)
3位 731部隊と細菌戦 ... (258)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (227)
5位 認知文法から考え... (184)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (673) 1st
2位 新参ファンと古参... (428)
3位 日本における美容... (312)
4位 731部隊による細... (282)
5位 インフルエンサー... (274)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース